気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

「君の名は」セカイ系の重力圏から逃れられない。 

「26日に公開され3日間の動員数は約95万9800人、興収は約12億7800万円とロケットスタートを切った。」ということで、巷で話題の「君の名は」を鑑賞してきました。
 
 -以下あらすじを公式サイトより抜粋-

 千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
 町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
 小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会へのあこがれを強くするばかり。
 「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」
 そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
 見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
 念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

 一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
 行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

 繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
 二人は気付く。
「私/俺たち、入れ替わってる!?」 

-あらすじここまで-

(以下ネタバレを多分に含みます。あと「君の名は」が大好きな人は読まない方がいいです)

「君の名は」、見た直後は良かったとTwitterで呟いてしまったのですが、その後思い返せば思い返すほど、脚本の杜撰さが気になって仕方がありませんでした。
 
主役の二人、三葉と瀧が突然の不可思議減少に翻弄されながらも、お互いのことを意識していく。ありがちな展開ながら序盤は導入としての役割を十分に果たし、夜空を流れる彗星を始めとした各種映像の美しさも素晴らしかったと思います。公式サイトで言及されている『意外な真実』には確かに驚かされましたし、そのままの流れでエンディングまで楽しく見れました。だからこそ見た直後は良かったと呟きました。

しかし、ちょっと待ってください!

こいつら三年間も時間がずれているのに気づかないとかありえないでしょ!?
外界から完全に隔絶された絶海の孤島にでも転送されたのか、お前らは!!!

二人のメインウェポンはスマホです。
カフェでケーキをパシャパシャと嬉しそうに写真に収めていたり、日記をつけていたり、LINEも普通に使っていました。
スマホでニュース記事を読みませんか? 新作ゲームをダウンロードしませんか? 音楽は? 動画サイトは?
etc、etc……

ありえなーい!

物語にリアリティが無いです。
超常現象が起こるのは「そういう話」だと受け入れられますが、物語にリアリティが無いのはダメです。

三年前に電車で偶然会った、なにやら電波なことを呟く女の子のリボンをずっと身に着けている男がいるか!?
作中ではなんかいい話のようにまとめられていましたけど、意味がわかりません。

クライマックスの避難誘導にしても言いたいことはあるぞ。
三葉と父親の歪な親子関係が何の解決されないまま、何の言及もなく、いつの間にか住民避難は完了していました。

おかしいでしょコレ!?

子供たちは親の説得に失敗し、住民の避難誘導は完遂できず、隕石によって一夜にして村は滅んだように見えましたよ、私には。
私だけが何か重要な伏線を見逃していたのでしょうか?
三葉の父親の変心を促す何かが作中で描かれていましたか?
脳内補完しろということでしょうか? 想像力の欠如でしょうか?

作中で描かれないことには描かれない意味があるのです、などという言い訳は聞きたくありません。
作中で描かれるべきことがスッパリと抜け落ちているのです。
現実問題、私がどこかで記憶をうっかりと落としてきた可能性のほうが高そうです。

そんなこんなでモヤモヤとした消化不良感だけが残ったわけですが、タイトルにした「セカイ系の重力圏から逃れられない」という話をまだしていないので、もう少しだけ続きます。

そもそもセカイ系って何ですか?
という話なんですが、彼と彼女と彼らの世界だけで世界が完結している話です。

はい、わけがわからないですね。

もう少し詳しくかみ砕いて説明すると、彼と彼女の近傍の世界だけが語られ、それ以外の世界はなんだか曖昧模糊としていて掴みどころの無い世界観を持つ作品群のことです。
乱暴な言い方をすると、私たちの世界のことはわかるけど、外の世界のことはよくわからないねー、という世界観です。

人によっては全然違うという人もいるでしょうが、私の中のイメージはそんな感じです。
(「イリヤの空、UFOの夏」「最終兵器彼女」「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、あのあたりそんな感じでしょ?)

そういった構造を持つ作品として「君の名は」を見ると、非常にしっくりくるんですね。
彼と彼女の近傍の世界(=学園生活とバイト)だけが語られ、外界(=友人関係、バイトの先輩、時間のずれ、彗星、父親との軋轢)についてはほとんど語られません。
近傍世界のリアリティに比べ、外界のリアリティの希薄さが異常なんですよ。個人的にはハリボテで四方を囲まれているイメージを受けました。

周回遅れの話題(2000年前後くらいか?)なのでいまさらセカイ系かよ、という指摘はあろうかと思いますが、いまだに愚直にセカイ系をやっているのが「君の名は」という作品ですよ、ということを言いたかったので、その点については異論ありません。
ただ、それにしては、ずいぶん爽やかに表層を飾り立てることに成功しているなという印象を受けたので、爽やかセカイ系ストーリーと評しました。
一応、外界を描写しようとした形跡(ただし、成功しているとは言い難い)も見られましたし、それなりに良かったんじゃないですかね。

最後にまとめますと、あまりうだうだとつまらないことは考えず、映像と音楽の美しさを中心にその場のノリで楽しむのが吉ということになりそうです。

おしまい。
スポンサーサイト
2016/09/03 02:52|感想TB:0CM:0
 

小説更新しました! 

小説更新しました。興味がある方はどうぞ。
http://t.co/v2OOXdLbjH
2014/05/24 10:22|日常TB:0CM:0
 

ブログ改装中 

色々手直しします。
2014/05/24 10:14|日常TB:0CM:0
 

10/27の日記 

秋も深まる今日このごろ。約五か月ぶりに小説を更新しました。
更新間隔が空いてしまった理由はいくつかあるのですが、一番の理由はパズドラと艦これです。
六月、携帯機種変更とともに「パズル&ドラゴン」を始め、七月には「海の日だ! ならば艦これだ!」と若干わけのわからないノリで「艦隊これくしょん」を始めました。それから四か月ほど、この二つにかかりっきりでした。
携帯ゲームだとかブラウザゲームはやったことが無かったので、なかなか面白かったです。
特に艦隊これくしょんは、プレイ人口が爆発的に増える直前に始めることができたので、流行時特有の熱気を感じられて、非常に満足しました。あの何かが始まる瞬間の独特の熱量とでもいうべきものが好きなんです。
されど、小説を書かないわけにはいけません。一度書き始めたら完結させる。それが自分に課した唯一のルールです。なんだかんだ言いつつ、あと二回更新できるくらいの分量はたまってきていますので、順調にいけば、また三週間くらいは毎週更新できるんじゃないかと思います。それ以降は未定。気長にお待ちください。
と言っても、元々それほど読者がいるわけでもなかったので、五か月の間に見捨てられちゃったんじゃないかなーと思ったり。どうなんでしょうね、その辺。
まぁ私の創作意欲は大分復調の兆しを見せているので、完結させずに失踪することは無いと思います。今年の夏は暑かったですからね。創作意欲もかなり削がれていました。
それでは、また。
2013/10/27 00:58|日常TB:0CM:0
 

4/21の日記 

 近況報告。4月は全然書いていません。
 約二年ほどの間、実作したり、資料を読んだりして、創作と向き合う日々を過ごしてきましたが、少しの間、離れてみるのも良いかと思いまして。
 小説を読んで、アニメを見て、漫画を読んで、映画を見て、およそ三週間、一文字たりとも書いていません。
 そうやって過ごしていると、不思議なもので、ここ数日は書きたくてたまらなくなってきています。

 いまの自分にしか書けないものを書く、という気概を持とうが持たまいが、実際に書きあげたものを読んでみますと、その時の自分にしか書けなかったものを書いているのは明白で、しみじみと感じてしまうのですけれど、だからと言って一分一秒でも惜しんで書かなければならないかというと、そういうわけでもないような気がします。無為に過ごす時間、浪費する時間が無ければ、結局は作品に余裕がなくなってしまうのです。
 緻密に計算されたタイムテーブルに沿って動く作品はなんだか忙しすぎて面白くないように感じてしまいます。私はできるだけ作品には無駄を詰め込みたい。雑多に詰め込んで、それでもひとつの作品としてまとめあげることができれば、と思います。
 
 自分の考えを文字に起こすのは随分久しぶりな気がします。全然まとまってませんが。
 
 小説は五月に更新予定です。それではまた。
2013/04/21 21:37|日常TB:0CM:0
 

3/10の日記 

更新が途絶えて久しいですが、小説の執筆は続けています。
今回の更新分はなんかもう大変でした。
登場人物の思考が全然つかめなくて、書いては消し、書いては消しのエンドレス。
その甲斐が作品に表れてくれていればいいんですけど。

「魔法使いの男の娘」はタイトルを見てもらえばまんまなんですが、男の娘を書いてみたくて始めた作品です。
「男の娘。萌えですよね。萌え!」みたいな軽いノリ……だったはずなんですけど、当初の予定よりヘヴィーな方向へ話が転がってしまいました。
色々詰め込み過ぎた感じがしています。

さて、ここからは作品とは直接関係のない話でも。
小説を書くことで自分の問題意識が浮彫になるのは面白いなぁと常々思っています。
しかし、それは突き詰めると「自分のため」にしか小説を書けないということで、それってどうなの? と思ったりもします。
そんな自分が書いた作品を読んで楽しむ人がいるかと思うと(いないかもしれませんけど!)不思議な気がします。

作品のテーマについて。
ひとつの作品で描くことのできるテーマはひとつ。という話を聞いたことがあると思います。
けれども、そんなことはないんじゃないかなぁ、とかね。思うんですよ。
キャラクターひとりひとりににテーマを設定して、それらを達成するためにそれぞれのキャラクターが自由に動ける場を提供できたらなぁ、とか夢想します。
まだまだ実力が伴っていないような気もしますが、できればそんな話を書いてみたい。
それが私のテーマなのかもしれません。


次の更新は未定ですが、できるだけ早く陽の目を見せてやりたいとは思っています。
それでは。
2013/03/10 16:34|小説TB:0CM:0
 

12/2の日記 

二ヶ月ほど放置しておりましたが、小説の更新を再開したので、ブログもぼちぼちやります。
と言っても、特に書くこと思いつかないんですよね。

ゲームして漫画読んで映画に行って、出身校の大学祭に行ったりしてました。
小説を書くのが嫌になったわけでは無いんですけど、行き詰っていたのも事実です。

それはたぶん環境の変化に伴って心境も変わってきたからだと思います。
まぁ気持ちの整理をつけつつ、気長にやります。

来週は旅行なので、またしても更新は無いだろうと思われますが、突然やる気になって大量に書くかもしれません。
それでは。
2012/12/02 21:16|小説TB:0CM:0
 

9/30の日記 

 約二ヶ月ぶりに小説を更新して、折角なので、小説の話をしましょう。
 小説を書くときに、どこから手をつけるかは、人によって色々あると思いますが、私の場合は作品ごとに違います。
 
 例えば前作の「90s nostalgia」だと「世界の中心で連日投身自殺する少女たちと、それを眺めながら優雅なティータイムを楽しむ男たち」の絵が脳内に降りてきたところが始まりです。この上なく醜悪で陰惨なんですけど、だからこそ一本話が書けると思いましたね。
 そこからキャラクターを起こして、プロットを作って、実作というのが一連の流れでした。まぁプロットは途中で一度破棄しているのですが、それはまた別の話です。
 
 いま書いている「魔法使いの男の娘」はキャラクターから作り始めました。
 「魔女っ娘が書きたい! 性転換ものがやりたい! 男の娘が書きたい!」という欲望に従った結果です。
 しかし、どうしてそれを書くのか、という理由が無いと行き詰ってしまいがちなので、男の娘とかTS(性転換)とか掘り下げて考えるわけです。その過程で色々見えてくるものがあって、それがテーマになったりするんですけど、テーマも一つだけだと面白くないので、サブテーマを設定したりしています。
 で、テーマを決めたらサブキャラクターを作って、プロットを作って、実作……ですが、またもプロット破棄の憂き目に。
 ぐぬぬ……。

 大体いつも途中でプロットは一度か二度破棄しているので、それについて詳しく書くと、キャラクターが反発してくるからです。
 プロットはテーマに沿って書きますが、物語はキャラクターが作ります。
 キャラが固まりだすと、そのキャラクターの思考だと、どうしてもプロットの行動を取らないような気がしてくる時があります。どうしてそんなことが起こるかというと、作者がキャラクターを把握しきれていないからなんですが、プロット時点では付き合い始めて二週間くらいなので仕方ないです。けれども数ヶ月も付き合ってくるとさすがにわかってきます。そんなことは言わないし、やりそうもない。というわけで、プロットを手直しすることになります。
 
 自キャラと夢の中で問答するのはなかなか楽しいですよ。
 
 「小説家になろう」にて「魔法使いの男の娘」更新中です。
 よろしければ読んでみてください。

 今回はそんなところで。それでは。
2012/09/30 21:04|小説TB:0CM:0
 

「90s nostalgia」裏話 

「Twitterが変わってしまったのが凄く嫌だったんです」
 Twitterを始めたのは2009/10なんですけど、初めのうちはほとんど呟いてなくて、本格的にやり始めたのは大学を卒業して暇になってから(ニート!)なので、2010/4からです。それから半年ほど経って、2010/11くらいにとある作家の方に因縁をつけたことがあって、そのせいで知人たちからリムーブ祭りを食らったりして、Twitterは凄く面白いところだなぁと思っていました。離れていった人たちのことは、まぁなんというか、なんかそのときはショックだったんですけれど、自分もフォローをはずしてみると、意外な世界が見えたりして……どんなふうに言っても角は立つので止めます。
 それからしばらくはTwitterをうろうろしながら、個人の感情が垂れ流されているのを横目でちらちら眺めては楽しんでいました。いまだ暗黙のルールが整備されていない状態の無法地帯だったので非常に居心地が良かったです。しかし、2011/3を境に世界は一変してしまいます。東日本大震災です。あれのせいで急速に法整備が進んでしまいました。それからはいつもの罵りあいですよ。デマッターやら馬鹿発見器だのと嬉しそうな輩がうじゃうじゃ沸いて、不謹慎な人の何人かは発言するのを止めました。非常に不愉快でした。
 それが『90s nostalgia』を書こうと思った最初の動機です。

「昭和ノスタルジーと夢と希望と絆の結びつきが私に与えたのは絶望です」
 戦後の貧しかった時代と震災後の状況を重ね合わせて、絆を復興のスローガンに掲げているのに言いようの無い気持ち悪さを感じていました。生理的に受けつけないレベルの嫌悪感です。おそらく御旗を振って何かをするということにアレルギー反応を示すのでしょう。集団アレルギーとでも名づけましょうか。とにかく嫌でした。
 それが『90s nostalgia』を書こうと思った二つ目の動機です。屈折しています。

「ゲームとアニメと漫画と小説と音楽が少年時代の思い出です」
 ここからは各キャラクターについて。
 スノッブというキャラクターは「動物化するポストモダン」と「ゼロ年代の想像力」から拝借してきました。どうしようもなくオタクで大人になりきれてない童貞くさい男にしようと思いました。一番感情移入してしまったキャラクターなので、ちょっとカッコ良すぎますけどね。主人公はクーヤですが、影の主役は誰がどう見てもスノッブです。ジニアの花言葉は「亡き友に捧ぐ」だったりして、もうなんかあれすぎです(笑)。
 ヒロインのナズナはひたすら可愛い女の子にしようと思いました。ナズナを好きになってもらわないと、話として成立しないからです。
 スノッブとナズナはセカイ系をイメージしました。完全閉鎖系です。あの二人の関係は収束していて、二人だけだとどこにも行けない。全部終わってしまったセカイなんです。美少女ディストピア。
 それを傍から眺めて「うわぁ……」とドン引きしてるのがユイで、良いように騙されているのがクーヤ……の予定だったんですけど、ユイが予想外に熱い娘だったのでかなり引きずられました。作者に最後の一押しをくれた娘なので気に入ってはいますが(笑)。

「セルフリメイクだったり……」
 実は私の処女作に「カコログ」という作品があるのですが、「90s nosatlgia」はそれと二作目「脚色聖書」を混ぜ合わせて作ったようなところがあります。当時、実力が伴わなくて書けなかったことを書けたような気がするので、良い経験でした。

「終わりに」
 時間が経って、自分の中で作品に対してひと区切りついたので、当時考えていたことを書き出してみました。
 新作はもう少ししたら更新再開しそうです。ストックが切れて一ヶ月ほど悪戦苦闘していました。
 それではまた。
2012/09/07 09:16|小説TB:0CM:0
 

7/29の日記 

小説の更新だけはしました。
平日に仕事しながらは普通にキツイです。
それではまた。
2012/07/29 20:55|小説TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。