気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

6/2の日記 

予想以上に執筆時間が取れなくて悪戦苦闘しています。
ブログの更新をするよりは小説を書いたほうが良いと思ったので、こちらは放置していました。

新作はファンタジーです。
興味がある人は読んでみて下さい。

http://ncode.syosetu.com/n7925bf/

と言っても、まだ始まったばかりですし、全然更新もされないと思いますので、気長に待ってもらえればと。

書きたいことは決まっていて、テーマも大体固まってきているので、あとは書くだけなんですけどね。
ニートをしているときでさえ更新速度は亀の歩みもかくやというほどだったので、なにをかいわんやです。

それではまたよろしくお願いします。
2012/06/02 17:50|日常TB:0CM:0
 

4/30の日記 

初めて仕事に就いて一ヶ月が過ぎました。
毎日定時に帰れていますし、カレンダー通りに休みもあるので、なんとか続けられそうです。

しかし、時間が足りないですね。
ぼーっとする時間が欲しい。
どうでもいいようなことを適当に考えているときに良いアイデアが浮かんだりするものですが、その時間が取れないというのは創作にマイナスです。弛緩した脳みそで思考するのが良いのです。緊張状態は良くないです。
以上、ブログの更新が無かったり、小説の更新が無かったりする言い訳でした。

新しいファンタジーを書きたいというのがあって、色々考えてみてるんですが、なかなか良いアイデアが浮かびません。
「高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない」という言葉があって、じゃあ魔法を科学的に説明してやればいいじゃないという思想の元で書かれた作品が結構あったりします。「ウィザーズブレイン」とか「魔法科高校の劣等生」とか「されど罪人は竜と踊る」とか「円環少女」とか、あの辺のことです。ひとまとめにするな、と言われそうですが、私の中のジャンル分けではそうなっています。
そんな話をいまさらしても先駆者がいるわけだから、仕方ないよね。ということを考えているわけです。

また、魔法と科学を対置させて「行き過ぎた開発は自然を消滅させる。けしからん!」みたいな話をするのも微妙だと思います。それ、飽きるほど見たことあるはずですからね。なんで今それ書くの? みたいな感覚になります。
ファイナルファンタジー6でもやればいいんじゃないですかね。
幻獣を魔石化とか遺伝子改造で魔法使いになるとか、モロそんな話だと思います。

で、新しいファンタジーですよ。
魔法学院モノはハリーポッターでやられちゃったし(他にも色々あるけど)、ちょっと思いつかないんですよね。
剣術と魔法を身につけて、魔王討伐にいく時代でもないから、コンビニでバイトしてたりするわけでしょう?
魔王には魔王の思想があって、とか言い出すとまおゆうになっちゃいますね。「資本主義と自由」は近いうちに読もうと思います。もし勇者がドラッカーの「マネジメント」を読んだら、とかどうですかね。全然駄目だと思いますが。

まぁそんな感じで色々考えてはダメだししていると、小説が書けないんですね。
いわゆる一つの袋小路です。困りました。

「ショック・ドクトリン(上)」(ナオミ・クライン)は面白かったので、下巻も読もうと思います。
新自由主義を批判している本ですが、新自由主義をわかっていないのが私なので「資本主義と自由」にいきつくわけです。

結局、何の話だったんでしょうね。
連休嬉しいよ、でも小説は書いてないよ、という話でした。
それでは。
2012/04/30 22:05|日常TB:0CM:0
 

4/8の日記 

 どうもご無沙汰しております。
 前回の更新から二週間が経ちました。
 新作を書き始めたものの、四月から新生活が始まってしまい、思うように執筆時間が取れなくなりました。
 何故か働いております。まさか勤め人になろうとは……まぁそんなに不満でもないです。不安はありますが。

 たしか2012年の大卒内定者は六割か七割程度だったと思うのですけど、三人に一人が就職できないので、あまり悲観的になることでもないような気がします。当人たちにとっては大問題でしょうが、ニート期間が長かったせいか、大騒ぎしているのを見ると「なんか違う」と思ってしまいます。
 社会問題を特定の世代の問題にしてしまって「あの人たちはお気の毒」とわかったふうな口を聞く人は嫌いです。私たちとあの人たちは違うから酷い目にあっている、とでも言いたそうに見えて、やるせない気持ちになるんですよね。「当事者意識は無いんかなぁ」とかね。別にそういう人ばかりではないですけど。
 「無責任な立場から適当なことを言うのって凄く面白いんだろうなぁ」とか考えながら、せっせと怒りを溜めているわけです。「創作意欲=怒り」なんですよ。どのように戯画化して晒し者にしてやろうかと作品に怨念を込めています。怨念だけ込めたら酷いことになるので、昇華させるように努力します。「神は細部に宿る」と言いますが、それだと私の作品に宿るのは怨念になりそうです。
 
 それはやだなぁ。もっと楽しい話をしたい。
 
 暗い話を書くのは苦手なので、蒸留してできるだけ明るい話に仕立てあげるように努力します。
 
 執筆速度自体はあまり変わらなくて1000字/dayくらいです。
 ちょっとした暇な時間に内容は考えているので、書く早さはそれほど変わらないみたいです。自分でも驚きました。
 現在、約13000字なので、月末までに30000字書いて、GWにまとめて更新できれば良いかなと考えています。ブログの更新は無くとも、小説は書き続けているので気長に待っていただければと思います。

 それではまた。
2012/04/08 18:40|日常TB:0CM:0
 

3/26の日記 

新作を書き始めました。
前作を年末に書き終えたときには一ヶ月ほどで新作のプロットを練って二月中には本文を書き始めるつもりだったんですが、思っていた以上に自分の中から出てくるものは無くて、二ヶ月ほどネタ集めにかかってしまいました。
どうせ書くなら新しいものを書きたいと思っていますが、そんな思いに反して古めのファンタジーを書いたりしています。
二日で三千五百字くらい書いて、まだ手探り状態です。
三万字ほど貯まれば順次公開していこうと考えています。

前回が近未来ラブコメディでパロディ満載だったので、もしかするとそういうのを期待されてるのかもしれないなぁと思ったりもしますが、そういう気分ではないので諦めてくださいとしか言えないです。
アレはアレで好きなんですけど、アレばっかりやっているのは正直しんどい。
そろそろ若者ではない男が狭い部屋で一人ノリツッコミし続けている姿を想像してみてください。
あまり愉快なことではないでしょう?
身近な場所に地獄というものは広がっているものなのです。
いわゆるひとつのネタ切れ。

しかし、実際のところどうなんでしょうね。
可愛い女の子が雨後の筍のようにわさわさ出てきて、果てることなくボケとツッコミを繰り返すほうが楽しいような気がします。
華やかな画面を捨ててまでファンタジーをやる必要あるのかなぁと自問自答。
まぁ女の子はそれなりに出てきますが、前回ほどは流石に出てきません。
前回はテーマが美少女だったので、仕方なくテンプレ美少女を多数配置するしかなかったんです。

嘘ですけど。
一度好きなだけ美少女をはべらしてみたかったんです。

余談ですが四月からなんと働くみたいです。
新生活に夢が広がり……ませんね。別に……
春眠を貪りたいです。そしてうららかな昼下がりに小説を書いてもふもふしたいです。

それではまた。
2012/03/26 01:02|日常TB:0CM:0
 

3/17の日記 

一月ほど放置していて広告が出てしまいました。すみません。
ブログの更新が無かった理由は特に無いのですが、新作のプロットを練りながら、それらしい設定を付け加えるために「利己的な遺伝子」であったり「銃・病原菌・鉄」を読んでいると、いつの間にか一月経ってしまったという印象です。
創作をやり始めてから約三年、いい加減コツを覚えても良さそうなものですが、これといった兆候は見られず、暗中模索が続いているような気がしています。4ヶ月に一本ほど長編を書き上げるのを当面の目標に掲げてはいますが、実際に書き上げられるのは6ヶ月に一本ほどではないか、しかしそれすらも危うそうです。
そして、文章というものはしばらく書かないでいると、非常にまずいことになるものだと実感しています。
薄ら寒く思えるほど下手になります。
たかがブログの更新です。けれども、書き続けることは大切なのだと、放置してしまったブログを更新するたびに思うことです。
文章を書くリズムが掴めない。
自分で書いていながら、なんだか自分の文章ではないように感じてしまいます。
非常に感覚的で恐縮なのですけれど、呼吸をするように自然に書けている文章は自分で読み直してみても、気持ちよく読めます。その感覚が失われているように感じるのです。
徒然と益体もないことを書き連ねてしまいました。

プロットを作成中の新作はファンタジーです。
ファンタジーなんですけど、現代的なファンタジーにしたいなぁと思っています。
時代設定は19世紀前後にして王道ファンタジーのふりをしながら、あくまで思想は現代的に。
整合性にとらわれずにぐちゃっとしたものを書きたいと考えています。
なんか変なものを書きたいんですね。
変なものを書くために「利己的な遺伝子」や「銃・病原菌・鉄」を読んでいますが、それなりに有名な本なので、凄く普通なものを書いてしまうかもしれません。
次の更新時には小説のプロローグ辺りを載せられると良いのですが。

四月からなんだか忙しくなりそうなので予定は未定です。
それでは。
2012/03/17 20:20|日常TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。