気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

3/10の日記 

更新が途絶えて久しいですが、小説の執筆は続けています。
今回の更新分はなんかもう大変でした。
登場人物の思考が全然つかめなくて、書いては消し、書いては消しのエンドレス。
その甲斐が作品に表れてくれていればいいんですけど。

「魔法使いの男の娘」はタイトルを見てもらえばまんまなんですが、男の娘を書いてみたくて始めた作品です。
「男の娘。萌えですよね。萌え!」みたいな軽いノリ……だったはずなんですけど、当初の予定よりヘヴィーな方向へ話が転がってしまいました。
色々詰め込み過ぎた感じがしています。

さて、ここからは作品とは直接関係のない話でも。
小説を書くことで自分の問題意識が浮彫になるのは面白いなぁと常々思っています。
しかし、それは突き詰めると「自分のため」にしか小説を書けないということで、それってどうなの? と思ったりもします。
そんな自分が書いた作品を読んで楽しむ人がいるかと思うと(いないかもしれませんけど!)不思議な気がします。

作品のテーマについて。
ひとつの作品で描くことのできるテーマはひとつ。という話を聞いたことがあると思います。
けれども、そんなことはないんじゃないかなぁ、とかね。思うんですよ。
キャラクターひとりひとりににテーマを設定して、それらを達成するためにそれぞれのキャラクターが自由に動ける場を提供できたらなぁ、とか夢想します。
まだまだ実力が伴っていないような気もしますが、できればそんな話を書いてみたい。
それが私のテーマなのかもしれません。


次の更新は未定ですが、できるだけ早く陽の目を見せてやりたいとは思っています。
それでは。
2013/03/10 16:34|小説TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/632-41942bd8
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。