気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

9/30の日記 

 約二ヶ月ぶりに小説を更新して、折角なので、小説の話をしましょう。
 小説を書くときに、どこから手をつけるかは、人によって色々あると思いますが、私の場合は作品ごとに違います。
 
 例えば前作の「90s nostalgia」だと「世界の中心で連日投身自殺する少女たちと、それを眺めながら優雅なティータイムを楽しむ男たち」の絵が脳内に降りてきたところが始まりです。この上なく醜悪で陰惨なんですけど、だからこそ一本話が書けると思いましたね。
 そこからキャラクターを起こして、プロットを作って、実作というのが一連の流れでした。まぁプロットは途中で一度破棄しているのですが、それはまた別の話です。
 
 いま書いている「魔法使いの男の娘」はキャラクターから作り始めました。
 「魔女っ娘が書きたい! 性転換ものがやりたい! 男の娘が書きたい!」という欲望に従った結果です。
 しかし、どうしてそれを書くのか、という理由が無いと行き詰ってしまいがちなので、男の娘とかTS(性転換)とか掘り下げて考えるわけです。その過程で色々見えてくるものがあって、それがテーマになったりするんですけど、テーマも一つだけだと面白くないので、サブテーマを設定したりしています。
 で、テーマを決めたらサブキャラクターを作って、プロットを作って、実作……ですが、またもプロット破棄の憂き目に。
 ぐぬぬ……。

 大体いつも途中でプロットは一度か二度破棄しているので、それについて詳しく書くと、キャラクターが反発してくるからです。
 プロットはテーマに沿って書きますが、物語はキャラクターが作ります。
 キャラが固まりだすと、そのキャラクターの思考だと、どうしてもプロットの行動を取らないような気がしてくる時があります。どうしてそんなことが起こるかというと、作者がキャラクターを把握しきれていないからなんですが、プロット時点では付き合い始めて二週間くらいなので仕方ないです。けれども数ヶ月も付き合ってくるとさすがにわかってきます。そんなことは言わないし、やりそうもない。というわけで、プロットを手直しすることになります。
 
 自キャラと夢の中で問答するのはなかなか楽しいですよ。
 
 「小説家になろう」にて「魔法使いの男の娘」更新中です。
 よろしければ読んでみてください。

 今回はそんなところで。それでは。
2012/09/30 21:04|小説TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/630-31b9ad41
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。