気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

9/29の日記 

突然の訪問にも関わらず、先日の連休付き合ってくださった方々はどうもありがとうございました。
またお邪魔する機会もあるかと思いますが、その時はよろしくお願いします。

というわけで、連休は学生時代を過ごした大阪に遊びに行ってきました。
色々話せたようで全然話したり無かったような気もしますが、それはそれ。気のおけない仲間たちとの時間というものはいいものです。図々しくも祝福されてしまいました。

少しだけ真面目な話をします。
別に読まなくてもいい話ですし、なんの参考にもならない話だけど、話したい時というのはあるじゃないですか。
いわゆる自分語りです。ここは私のブログですしね。

私は仕事=人生という価値観には全然馴染めないんだけど、それは父親の影響が強いように感じています。
私の父親は結構名の知れた企業の勤め人だったので、それなりに裕福な家庭で育ちました。
定年まで関連会社に飛ばされることも無かったので、外からは幸福な家庭に見えたのではないでしょうか。
まぁ実際好き放題しながら学生生活を送りましたし、いまでもバイトすらせずに無職でぷらぷらしています。
でもね。仕事第一の父親と暮らしているのは息苦しいところもあったんですよ。
社宅の集合住宅で暮らしていると、同年代の同じ環境で育った人間の話がね。色々と入ってきます。
できる親は自分の子供にもそれを要求する傾向があるようで、『できない』とか『やらない』というのが我慢できないみたいです。若いうちは特にね。
母親から聞いたところ不登校になった人間も一人や二人じゃないらしい。
それが不幸かどうかなんて知らないし、私に言えることなんて何もないんだけど、それでも自分の経験に照らし合わせてみれば他人事とは思えない何かがあります。
私は勉強も運動もできたから(自慢っぽくてすまん)締めつけは緩かったけど、なんとかして逃げ出したかった。
しかし、進学先(というか研究室)で待ち構えていたのは、父親を凶悪にした感じの仕事人間でした。
最後まで馴染めなかった。残念だけど。
仕事第一で生きる、というのは全然馴染めないんだけど尊敬もしてるんだよね。
自分には絶対にできそうもないので。
だから価値観が違っても良いと思えるんです。そんなもので他人を否定するのはナンセンスだと感じます。
自分が否定されたら腹もたつんですけどね。
あー、なんかつまらない話を長々としてしまいました。

小説は継続中です。http://ncode.syosetu.com/n2805w/
執筆速度落ちてきたので、更新は滞るかもしれません。
それではまた火曜日に。
2011/09/29 22:01|日常TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/595-24322fce
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。