気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

90s nostalgia(仮) ① 

統計学的に述べると、美少女が現れるのは四月に多い。
さらに詳しく調べると、第一週目、すなわち学校の新学期が始まる直前の春休み。遭遇するのは高校デビューを控えた男子高校生である事例が最頻である。
美少女はほとんどの場合なんらかの問題を抱えていて、一見平凡な男子高校生には隠された未知の能力が備わっていたりする。
八月の終わりに二番目のピークが現れる。これは夏休みが終了する時期と重なっている。
八月の美少女は四月の美少女に比較して転校生であることが多い。しかし、これはそれほど大きな差異であるとは言えず誤差の範囲だ。
これらの事実は膨大なデータの蓄積から統計学的に導き出された。

膨大なデータについて。
それらはある種の偏りを避けるために多次元平行世界から無作為に抽出された。
多次元平行世界とは……。

                             ドクター、ジニアの日誌より


くるっと姿見の前で一回転。
空気を吸い込んだプリーツスカートが花びらのようにふわりと舞い上がり、絶対領域最終防衛ラインを賭けて、危うい攻防が魅惑の生足戦場で繰り広げられる。 
一度目は突破を許し、二度目は防衛網が堅固に過ぎた。
そして三回目。
防衛線は緩やかに後退を続け、危険領域ぎりぎりまで推移。だが、陥落寸前で息を吹き返し連戦連勝。オーバーニッソックスとスカートの間には秩序がもたらされた。
「よし。完璧」
クーヤは満足してひとつ肯いた。
紺色のブレザーと白いブラウスを整えて、姿見の中の自分を見つめる。
大きな黒い目をした抜群の美少女が微笑んでいる。
「うんうん。我ながらなんて可愛いらしいんだろう」
薄い唇から紡ぎだされる言葉は春のそよ風のように心地良い。
自分と他人に聞こえる声の間にはギャップが存在する。録音した自分の声を聞くと、違和感を覚える人が多いという話を聞いたことがないだろうか。これは骨伝道、つまり声の振動が骨を伝わるかどうかに由来している。
しかし、クーヤは全く違和感を覚えていない。何故ならクーヤは自分の声を録音して、何度も聞き直したことがあるからだ。あくまで不自然にならないように、それでいて最高のパフォーマンスをもたらす美声を何日も前から研究してきた。ぬかりはない。
「ふふっ。ふふふ」
思わず邪悪な忍び笑いが口から漏れた。
「はっ。これはイケナイ」
クーヤは瞬時に表情筋を自在に操り、清楚な笑みを顔面に張り付かせた。肩にかかる髪を指ですく。
「あは♪」
邪悪さの欠片も感じられない美少女が鏡に映っていた。
 
高校デビューを翌日に控え、クーヤは制服を試着して最終チェックを行っていた。
ぱっと着替えて、ぱっと脱いで、素早く就寝。
そう思っていたのに、気がつけば一時間近く鏡の前で自分の姿に見とれていた。
いや、正確には自分の姿ではない。これは偽りの姿だ。
美少女としてあるべき作られた姿。いわゆる擬美少女。それが自分。
だが、凡百のナチュラル美少女が束になってかかってきたところで己の敵ではないという自負がクーヤにはあった。
ダイヤの原石。
それはそれ自体が確かに価値のあるものだが、適切な加工を施さなければ美しく光り輝くことはない。原石に興味を持つのは専門家、好事家の類で、一般人は光り輝いて見せなければ、その価値に気づくことはない。
だから……大丈夫。きっと大丈夫なはずだ。
クーヤは自分に言い聞かせるように、それが事実であることを確認するかのように、何度も心の中で繰り返す。
所詮はイミテーション。
絶対に美少女にはなれない。
そのことはクーヤ自身が誰よりも熟知している。
しかし、引けない戦いというものがある。引いてはいけない戦いというものがある。
クーヤはある男と賭けをした。
賭けの内容は、高校生活で誰からも「美少女ではない」ということに気づかれないこと。
クラスメート、教師、その他あらゆる人間から正体を隠し続けること。欺き続けること。演じ続けること。
それがクーヤに課せられた使命だ。
「スノッブの野郎。ぜってー、目にモノ見せてやるからな」
鏡の中の少女は瞳に熱い闘志をみなぎらせている。
およそ美少女らしくない。
だが、これが本来のクーヤ。クーヤらしい表情だ。

クーヤは賭けをした。

賭けるものは

世界の全てだ。
2011/08/25 20:41|小説TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/590-e57d7349
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。