気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

7/28の日記 

ツイッターを遠くから眺めるようになって二週間以上が経った。
一日のブログのアクセス数は両手で数えるほどしかないが、それくらいでちょうど良いのかもしれない。ほとんど独り言の類をお聞かせするのは忍びないので、読んでくださっている方々には何かお礼をしたいくらいに感じていたりする。言葉だけですが、どうもありがとう。
修飾過剰な文章というのは、読者はもちろんのこと書いているほうも何かと疲れるもので、たまには息抜きしたくなったりする。だから今日はなるべく平易な文章を書こうと心がけて、何かおかしいことに気がついた。いざ深呼吸となると、そのままラジオ体操第一に突入してしまいそうな勢いを感じる。健康的でよろしいことには違いないが、それは本意とするところではないということだ。わかりやすいようでわかりにくい例えだったかもしれない。
「ココロのとまり木」(河合隼雄)を読んだ。著者は臨床心理学者で心理療法家。文化庁長官もやっていたらしい。肩書きだけでビルが建ちそうだけど、本の中身は偉ぶったところが全然無く心が軽くなるような気がするので、河合さんの本はちょくちょく読ませていただいている。これは都合三冊目。人間の心理と物語の色々について書かれてあったりして知的な雰囲気も味わえる。好きです。
ツイッターには感情がダイレクトに渦巻いていて「割としんどいな」と思う。冷静に文章を読んで文脈を読み取るには時間が足りないし、忙しい人には不可能に近いのかもしれない。私のブログを読んでいる人にはおそらく全然関係ない話なんだけどね。ある作家とエロゲライターの間でひと悶着あったんだよ。読解力ってどうやったら身につくんだろうか。湿っぽくなっちゃったね。そんな話をされても困るね。もうやめよう。
楽しいことを考えればなんとなく楽しくなってくるし、プラスの言葉を書き連ねれば気持ちは上向いてくるのだ。「イリヤの空」を毎日20ページくらいずつ再読する日々。それで幸せな気持ちになれるのだから読書って凄いと思う。
2011/07/29 02:01|日常TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/586-90309cd0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。