気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

エロゲと私 ~10年間を振り返って~ (5) 「D.C. ~ダ・カーポ~」   

 2002年、Circusからこそばゆい学園恋愛アドベンチャー「D.C. ~ダ・カーポ~」が発売されました。ゲームジャンルが既に恥ずかしいですね。
 「D.C. ~ダ・カーポ~」は最初から主人公に対するヒロインたちからの好感度が高いのが特徴です。特に好かれる要素を持ち合わせているようには見えない主人公なのに、何故?という疑問がわきます。そして、特に主人公が何かしたわけでもないのですが、選ばれたヒロインの問題をなんとなく解決して、ハッピーエンドを迎えます。
 ここにエロゲ世界のユートピアが完成しました。無力な主人公が問題を解決してしまうという、まさにハイブリッド。良いとこ取りのサラブレッドの誕生です。この方式はヒロインを愛でるという目的に特化した場合、最大の効果を発揮します。
 特別じゃないということが特別だったというと、何とも不思議な話のようです。しかし、ヒロインたちに囲まれて優しい世界を満喫するという、現在まで繋がる大きな流れを作ったというのは偉大だったと言えるでしょう。
2010/05/28 19:33|コラムTB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/554-66a8af5b
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。