気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

エロゲと私 ~10年間を振り返って~ (4) 「君が望む永遠」  

 2001年、アージュから問題作「君が望む永遠」が発売されました。
 「君が望む永遠」は伝説の木の下で告白して恋人になり、永遠を望むヒロイン遙が交通事故に遭い、記憶障害に陥るというシナリオです。それまでのノベルゲーが恋人になって、ずっと仲良く暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。で、終わっていたところを、もしもその後不幸に見舞われたなら?その時、主人公が無力だったとしたら?都合よく奇跡が起こらなかったら?二人の女性に同時に言い寄られたら?それまでのノベルゲーに対する皮肉がこれでもかと詰め込まれています。
 優柔不断で問題解決能力の無い主人公を身を粉にして助けるヒロイン水月と、幻想を信じ続けるヒロイン遙。結局、主人公がどうしようもないので、ヒロインが自力で問題を解決しなければならない羽目に陥ります。
 バッドエンドにおいては、問題が解決しなかった場合の恐ろしい未来まで見せつけてくれます。
 主人公とヒロインの関係が、90年代とはかなり変わってきました。
2010/05/28 12:07|コラムTB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/553-7fcb971a
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。