気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

02≪│2017/03│≫03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール 

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

エロゲと私 ~10年間を振り返って~ (3) 「AirとPhantom」  

 2000年、Keyによってこの世に生み落とされた怪物「AIR」。そこで描かれていたのはまたしても不治の病とその克服、ではあったのですが、主人公とヒロインの関係に目を向けると、主人公は最終的に傍観者であまりにも無力でした。主人公は人間ですらなく、ヒロインを救うのは主人公ではないのです。これはこれで一つの到達点と言えるのではないでしょうか。
 また、同年「AIR」の影ではニトロプラスの処女作「Phantom」が発売されていました。血の香りと硝煙の漂うハードボイルドな燃えの世界。ノベルゲーの流れから逸脱したところで生まれたこの作品は、ノベルゲーの懐の深さを世に知らしめました。まさしく異端、しかし、だからこそノベルゲーに多様性が生まれるきっかけとなりえたのです。
 90年代後半からゼロ年代初めは葉鍵の時代でした(LeafとKey)。そしてゼロ年代はその流れを受け継ぎながらも、群雄割拠の時代へと突入していきます。
2010/05/28 06:07|コラムTB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/552-de9b7609
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。