気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

最終回でした 

 『true tears』(最終話)「君の涙を」の感想です。
 最終話で乃絵が涙を流すシーンと比呂美の涙を拭うシーンを入れてくるのは二話くらいの時点で予想が付いていたので、どのタイミングでどんな風に描くかが一番気になっていました。比呂美のシーンはBパートの中盤だったけど、乃絵は本当に最後の最後だったので気が気ではありませんでした。乃絵を映さずに風にさらわれる涙だけを映したのが、鑑賞後の清涼感と爽快感を一層引き立てているように感じました。
 眞一郎、比呂美、乃絵の涙が表す三者三様の感情が『true tears』という作品が伝えたかったことなんでしょうね。最終回に限った話ではなくて、どの回でも比呂美の涙は卑怯なくらい美しく描かれてるように思うのは、私が比呂美贔屓だからなんですかね?比呂美の涙を綺麗に見せることに並々ならぬ情熱をかけているように感じました。
 直球勝負の青春学園物語でここまで魅力ある作品を見せてくれたことには、素直に感謝します。
2008/03/30 16:48|true tearsTB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/52-506cbc79
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。