気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

フルアタック密偵 

 週末はボードゲーム『ドミニオン』でした。たぶん三十時間くらいやったと思います。それで、私が積極的に狙って、試していたのが、密偵を主軸にした、フルアタック戦略です。密偵(アタック)+その他(アタック)を繰り返すことで、ライブラリーとハンドを操作し、アクション三種を切らすのを目指します。総得点は22-30点で、早期に決着をつけられれば勝てます。詳しくは長いので、興味があれば、どうぞ。


【序盤の流れ】
序盤はひたすらアタックをしかけながら、銀貨を増やす。アタックが途切れないように、アタックカードは充分な数を購入する。アクションカードの七割程度はアタックカード。

【中盤の流れ】
中盤は5コストのアクションカードや、金貨を購入する。これらの行動開始は、他プレイヤーより遅くなるが、引き続き、フルアタックを仕掛ける。徐々にアタックの効果が現れ始め、高コストカードの購入スピードは、他プレイヤーを圧倒する。二枚目の属州購入は一番手となるはずである。

【終盤の流れ】
三枚目の属州購入までは、トップをひた走る。しかし、三枚の属州が、四枚目の属州購入の妨げとなる。銅貨や屋敷を廃棄するタイミングも無いため、山札は分厚く、停滞を余儀なくされる。また、この頃になると、他プレイヤーの山札は整理され、アタックの威力は激減する。ターンが経過すればするほど、不利になるので、ゲームを終わらせにかからなければならない。五コスト以上の人気アクションカード一種、ニコストのリアクションカードはほぼ切れているので、あと一種類は、その時に応じて判断する。また、僅差の勝負になりそうな時は、屋敷を購入することも忘れない。アクションカードを切らせることが出来れば、勝利することが出来るだろう。

【注意点】
この戦略は、他の三人がフルアタック以外の戦略を取っている場合の、隙間戦略である。競合すると、かなり厳しい戦いを強いられることになる。

【密偵戦略でのアタックカード暫定評価】
〇密偵
全ての基本。相手の山札を操作するのも重要だが、自分の山札操作+1アクションも強い。

〇民兵
2ディスカードで、そのターンの行動を阻害する。密偵は次のターンを阻害する。二ターンの足止めになる。強い。

〇役人
自分の山札を調整しつつ、相手の山札と手札を操作する。単体では微妙だが、密偵と組み合わせると強い。

〇詐欺師
カード通りの強さ。特筆すべきことはない。

〇泥棒
空気。弱い。

〇拷問人、魔女
単体で強いが、戦略とは噛み合わない。この戦略は、金不足に陥りやすいので、高コストのアタックカードを買う余裕は無い。

〇寵臣
金を供給、またはディスカード。柔軟性+1アクションが強い。密偵との相性も良い。

【アタック戦略に相性の良いアクションカード】
〇宰相
山札をリシャッフルする。山札を使い切るまでに、高コストカード購入の機会は一回程度である。目的のカードを購入しているなら、さっさとリシャッフルしてしまった方が良い。

〇秘密の部屋
相手のアタックを避けつつ、山札を操作する。密偵との相性が抜群。


大体、こんな感じです。ドミニオン、面白すぎます。
2009/08/31 14:46|日常TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/486-44a098a9
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。