気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

抱き枕erの主張 

 先日、ある人から抱き枕とオナホールのどちらが買うのに抵抗があるかと聞かれました。私はその場で咄嗟に答えることが出来なかったんですが、よくよく考えるとその二つを比べることがナンセンスなんじゃないかと思ったり。あー、何というか、定期的にやってくる変態話のお時間です。続きは読んでも良いことなんかないですよ、と断っておきます。俺きめぇ。


 抱き枕をオナグッズとしか考えられない発想の貧しさがいただけません。いや、勃つか勃たないかと言われるとアレですけど、そういうことじゃ無いんですよ。そんなことより癒し効果が凄い。思わず理由も無く抱きしめてしまいます。全身弛緩しちゃって幸せすら感じるほどです。オナホは即物的じゃないですか。使ったこと無いですけど。
 癒しの源泉はキャラクターに気持ちが向かっているからに他ならないわけです。しかし、精神的な充足感まで求めるのは末期的と言わざるを得ない。それは気持ち悪いと思いますよ。オナホは所詮性欲を発散させるだけだけど、抱き枕は脳が腐ってるじゃない。
 結論です。抵抗とかの問題じゃなくて、抱き枕に必要性を感じたので抱き枕を買ったんです。オナホを買うという発想はわきませんでした。脳は腐ってる。
2009/01/20 21:55|雑記TB:0CM:2
 
コメント

要するに嫁と穴の違いだ。
分からん奴はウチに来い。
教祖 #-|2009/01/21(水) 01:24 [ 編集 ]
 

萌えオタは一度は抱き枕を経験すべきだと思うんですよ。
まあ、自分でアクセル踏み込んじゃうような人間はそのまま抱き枕の魅力に取りつかれてしまうことが想像に難くありませんけどね。
takMslave #-|2009/01/21(水) 23:38 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/368-1b432d78
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。