気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

『FORTUNE ARTERIAL』感想(白) 

 『FORTUNE ARTERIAL』(白)の感想です。物語の核心部分に触れる記述があるので、自己責任でお願いします。瑛里華、白ルートしかプレイしていないので、そのように読んでください。いつも言ってますがネタバレは止めてください。
 
 旧家ヒロインには家の掟があったり、親の決めた結婚相手がいたりするものですが、あまりにテンプレート通りに作り過ぎている感がありました。エロゲのヒロインというのはテンプレートで固められているんですが、このことがプレイヤーにとって幸せなことなのかどうかについて触れます。
 テンプレートというのは、ヒロインの攻略順を決める要素として大きく作用していると思われます。共通ルートでテンプレート通りの行動を見せる意味は、個別ルートの保証です。製作者とプレイヤーの間で暗黙の了解が成り立っているわけです。キャラクター性に限った話をすれば、見たいものが見えるわけで、ある程度の満足感を得られるんですが、新鮮な喜びは感じられないわけです。淘汰されて残ったものがテンプレートなので、支持されるキャラクター像なのは間違いないんですが、現在は淘汰が進み、閉塞的な状況に陥っている気がするんですよ。似たようなキャラクターが次から次へと消費されている状況というのは、プレイヤーにとって幸せなんですかね?
 白ルートについて話をしていないので、ここからは個別ルートの話です。家と個人の狭間で揺れるヒロインという題材は良くあるんですが、焦点が家の方に寄った描き方をしたのが意外でした。エロゲは主人公とヒロインの関係を描くのに力を注ぐことが多いし正しい態度だと思うから、そこは面白かったです。プレイ後に持った感想が白と誠一郎の物語だったというものでしたし。東儀家と千堂家の間で何か密約でもあったんでしょうが、それについては触れられず。言いたいことはありますけど、全部終わってからにします。
2008/06/29 21:52|感想TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/170-26207eee
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。