気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

『FORTUNE ARTERIAL』感想(瑛里華) 

 『FORTUNE ARTERIAL』(瑛里華)の感想です。物語の核心部分に触れる記述があるので、自己責任でお願いします。瑛里華ルートしかプレイしていないので、そのように読んでください。いつも言ってますがネタバレは止めてください。

 エンドロールの前に不穏なメッセージがありましたし、孝平の特殊な血についても触れられて無いのでトゥルーエンドでもあるんでしょう。納得のいく終わり方でもありませんでしたし。
「お姫様を助けに行くのは、男のロマンですよ」
この台詞にニヤニヤしながら頷いてました。心躍りますよね。しかし、結果はなし崩しで眷属になって永遠の時を二人で生きていこうということに。二人で出した結論で眷属になるなら納得がいったかもしれませんが、母親の横暴のままにエンドを迎えて誰が納得しましょうか。少なくても私は「なんじゃ、そりゃ」と思いました。永遠を生きる吸血鬼と寿命を持つ人間が共に生きるということを突き詰めて欲しいわけですよ。
 実は瑛里華が舞台に上がらずに学園生活を送っているということに、主人公が気づき告白する流れは素晴らしかったし、その後のバカップルぶりと最後の山場の作り方も心得たものだと思っていただけに、エンドだけが不満でした。
 コンプリート後に今回のエンドに意味を感じなかったらちょっと言いたいことはありますが、かなり楽しめたので、今は胸にしまっておこうと思います。
2008/06/21 21:01|感想TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://takmslave.blog71.fc2.com/tb.php/159-bfc70267
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。