気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

07≪│2011/08│≫09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

90s nostalgia(仮) ① 

統計学的に述べると、美少女が現れるのは四月に多い。
さらに詳しく調べると、第一週目、すなわち学校の新学期が始まる直前の春休み。遭遇するのは高校デビューを控えた男子高校生である事例が最頻である。
美少女はほとんどの場合なんらかの問題を抱えていて、一見平凡な男子高校生には隠された未知の能力が備わっていたりする。
八月の終わりに二番目のピークが現れる。これは夏休みが終了する時期と重なっている。
八月の美少女は四月の美少女に比較して転校生であることが多い。しかし、これはそれほど大きな差異であるとは言えず誤差の範囲だ。
これらの事実は膨大なデータの蓄積から統計学的に導き出された。

膨大なデータについて。
それらはある種の偏りを避けるために多次元平行世界から無作為に抽出された。
多次元平行世界とは……。

                             ドクター、ジニアの日誌より


くるっと姿見の前で一回転。
空気を吸い込んだプリーツスカートが花びらのようにふわりと舞い上がり、絶対領域最終防衛ラインを賭けて、危うい攻防が魅惑の生足戦場で繰り広げられる。 
一度目は突破を許し、二度目は防衛網が堅固に過ぎた。
そして三回目。
防衛線は緩やかに後退を続け、危険領域ぎりぎりまで推移。だが、陥落寸前で息を吹き返し連戦連勝。オーバーニッソックスとスカートの間には秩序がもたらされた。
「よし。完璧」
クーヤは満足してひとつ肯いた。
紺色のブレザーと白いブラウスを整えて、姿見の中の自分を見つめる。
大きな黒い目をした抜群の美少女が微笑んでいる。
「うんうん。我ながらなんて可愛いらしいんだろう」
薄い唇から紡ぎだされる言葉は春のそよ風のように心地良い。
自分と他人に聞こえる声の間にはギャップが存在する。録音した自分の声を聞くと、違和感を覚える人が多いという話を聞いたことがないだろうか。これは骨伝道、つまり声の振動が骨を伝わるかどうかに由来している。
しかし、クーヤは全く違和感を覚えていない。何故ならクーヤは自分の声を録音して、何度も聞き直したことがあるからだ。あくまで不自然にならないように、それでいて最高のパフォーマンスをもたらす美声を何日も前から研究してきた。ぬかりはない。
「ふふっ。ふふふ」
思わず邪悪な忍び笑いが口から漏れた。
「はっ。これはイケナイ」
クーヤは瞬時に表情筋を自在に操り、清楚な笑みを顔面に張り付かせた。肩にかかる髪を指ですく。
「あは♪」
邪悪さの欠片も感じられない美少女が鏡に映っていた。
 
高校デビューを翌日に控え、クーヤは制服を試着して最終チェックを行っていた。
ぱっと着替えて、ぱっと脱いで、素早く就寝。
そう思っていたのに、気がつけば一時間近く鏡の前で自分の姿に見とれていた。
いや、正確には自分の姿ではない。これは偽りの姿だ。
美少女としてあるべき作られた姿。いわゆる擬美少女。それが自分。
だが、凡百のナチュラル美少女が束になってかかってきたところで己の敵ではないという自負がクーヤにはあった。
ダイヤの原石。
それはそれ自体が確かに価値のあるものだが、適切な加工を施さなければ美しく光り輝くことはない。原石に興味を持つのは専門家、好事家の類で、一般人は光り輝いて見せなければ、その価値に気づくことはない。
だから……大丈夫。きっと大丈夫なはずだ。
クーヤは自分に言い聞かせるように、それが事実であることを確認するかのように、何度も心の中で繰り返す。
所詮はイミテーション。
絶対に美少女にはなれない。
そのことはクーヤ自身が誰よりも熟知している。
しかし、引けない戦いというものがある。引いてはいけない戦いというものがある。
クーヤはある男と賭けをした。
賭けの内容は、高校生活で誰からも「美少女ではない」ということに気づかれないこと。
クラスメート、教師、その他あらゆる人間から正体を隠し続けること。欺き続けること。演じ続けること。
それがクーヤに課せられた使命だ。
「スノッブの野郎。ぜってー、目にモノ見せてやるからな」
鏡の中の少女は瞳に熱い闘志をみなぎらせている。
およそ美少女らしくない。
だが、これが本来のクーヤ。クーヤらしい表情だ。

クーヤは賭けをした。

賭けるものは

世界の全てだ。
スポンサーサイト
2011/08/25 20:41|小説TB:0CM:0
 

8/10の日記 

猛暑には参ってしまうが、昼間からエアコンを使うと地球温暖化に微々々と寄与するらしいし、電気代には直接的に反映されてしまうので、涼を求めて図書館に逃避行。原付を停めに駐輪場に入ると、子供自転車が縦横無尽に放置されていて親の顔が見てみたいとしかめ面。しかし、海の向こうでは暴徒が暴れまわっていることを考えると日本は平和なのかもしれない。図書館の展示スペースにはガンプラが展示されていた。平和だ。
「クロノ×セクス×コンプレックス(1)」(壁井ユカコ)を読んだ。異次元トンネルの出口で衝突した男と女の精神が入れ替わり、少年は少女として魔法学校に入学することになったという話。TS(性転換)モノは好きなので、TSのお約束を期待して読んだら肩透かしを喰らったけど、女子グループの派閥争いとバタフライエフェクトのようなタイムリープが絡まるストーリーは面白かった。超有名なイギリスの児童文学のような学校には思わず笑ってしまった。
「人類は衰退しました(1)」(田中ロミオ)を読んだ。成長の限界に達した人間は旧人類となり、妖精さんが人類として君臨?する地球で、新旧人類のほのぼのとした交流を描いた作品。田中ロミオといえばクロスチャンネル(18禁)のイメージしかないんだけど、なんか児童文学っぽくて笑った。
「僕は友達が少ない(6)」(平坂読)を読んだ。美少女に囲まれたリア充生活を送る主人公に感情移入させて童貞の願望充足を促す堕落の書ですよ、これは。本当に残念なのは、この小説をニヤニヤしながら読んでいるあなたです。と糾弾されて嬉しいドMにはたまらない作品。今回も星奈が可愛かったのでヨシ!
「うさぎドロップ。(1)」(宇仁田ゆみ)を読んだ。三十路男と六歳児。どこが面白いのかは説明できないけど面白い。続きを読もう。そうしよう。
三行感想でもためてしまうと書くのが大変だった。もう少し更新頻度を上げようと思う。
2011/08/11 01:44|日常TB:0CM:0
 

8/6の日記 

暑中お見舞い申し上げます。
連日のように真夏日が続き、暑さが厳しい今日このごろ。いかがお過ごしでしょうか。
私はというと、手紙を出す宛もないので、ブログで暑中見舞いを書く練習をしております。
この記事を書くにあたり、暑中見舞いを出す時期を調べましたところ、夏の土用の期間に届けるのが良いそうです。しかして、夏の土用とは? と常識知らずの私といたしましては、そこからお尋ねしたいものですが、簡単に調べはつきました。2011年の暦では7/20-8/7の間だそうです。全く常識知らずには困ります。もう少しで来年までこの記事はお蔵入りになるところでした。
さて。「輪るピングドラム」の四話を視聴しました。妄想書き割りミュージカルでした。もはや何が何だかわかりませんが、ペンギンを見ているだけで満足できるので良しとしましょう。愛すべきマスコットキャラクターこそアニメの真理です。最近だと「まどか☆マギカ」のインQBターさんとか、あとは……なんでしょう? ちょっと思いつきませんが、電気ネズミとか著作権ネズミとか、マスコットキャラクターがいるアニメは良アニメなんです。そういうことでいいでしょ? 大変楽しく見ております。
「花咲くいろは」の十七話を視聴しました。映画の企画は騙され企画。もう最近は惰性でしか見てないような気がしています。目から入って口から抜けていく感じです。ゆえに話すこともあまりなしです。申し訳ない。
「magico」(岩本直輝)を読みました。週刊少年ジャンプで連載中。少年魔法使いシオンと世界に災厄をもたらす黒魔女を体に宿した少女エマのほのぼの珍道中漫画です。シオンは過去にエマに助けられたことがあって、その恩を返すために黒魔女を封印するみたいな話。助けられた少女が少年に惚れるパターンはよく目にしますが、逆パターンは少年漫画では珍しいような気がします。しかし、噂によると人気が無くて本誌ではバトルテコ入れが入っているらしいです。悲しい。まぁジャンプ漫画では無いような気もしますから仕方ないのかもしれません。……悲しい。
今日はお酒を飲んで酔っ払って書いてみました。文章が乱れているとしたら、それはアルコールのせいです。
かしこ。かしこ。
2011/08/06 23:25|日常TB:0CM:0
 

8/1の日記 

佐藤亜紀さんの「小説のストラテジー」を読んだ。
いつもなら「小説のストラテジー」(佐藤亜紀)を読んだ。と、書くところですが、今回は佐藤亜紀さんの「小説のストラテジー」を読んだと書きました。
個人的なことなので詳細は省きますが、私はツイッター上で一度だけ佐藤亜紀さんとお話させていただいたことがあります。およそ8ヶ月前のことです。それからというもの、時折ですが、佐藤亜紀さんのツイッター上での発言は読ませていただいていました。私淑していたのかもしれません。だから佐藤亜紀さんの「小説のストラテジー」という順番のほうがしっくりくるように感じます。
前置きが長くなりました。「小説のストラテジー」の内容は、具体的な作品例を挙げつつ小説の読み方を示すというもので、大変楽しく読むことができました。小説を読むさいに無意識下で行っていること(そうではないことまで)を言語化しているので、小説を読むのが好きな方は一度目を通しておいて損はないのではないかと思います。何が面白いのか、ということを意識して言語化することは容易ではありませんから。
文学に関する知識というのは、ほとんど持ち合わせていませんし、例として本文中で取り上げられている作品は全て未読でしたが、読んでみたいという気持ちにさせられました。何だかうまく嵌められた気分です。

ツイッターの話。
ツイッターを見ていると、「ツイッターは感情のゴミ捨て場で自分はスカベンジャーか何かなんじゃないか」と思うことがたまにあります。時間が足りなくて追い立てられるように言葉を散らかしてる感じ。私は佐藤さんの「小説のストラテジー」を読むまでに8ヶ月かかりました。それでいいんじゃないかって思います。
2011/08/01 23:32|日常TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。