気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

03≪│2011/04│≫05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

成人するまでに卒業して欲しいこと 

はっきり言って、いまさらこんなことを書かなければならないというのは恥ずかしいことですが、インターネット上で交わされる言葉があまりに幼稚なので、できるだけ簡単にわかりやすく書こうと思います。
嘲笑、という行為が流行しています。さらに何を思ったのか、それをカッコいいとさえ考えているようです。人が真面目に話をしている時に、それを笑うのがカッコいいのですか? 私はそうは思いませんが、何か私の知らない真理があるようです。きっと文明度が高い人々には当たり前過ぎて、説明するのもバカらしいことなのでしょう。そのせいで何度もコミュニケーションに失敗していますし。残念ながら嘲笑という文化的な行動を取るには、私の知性は足りないようです。
私の足りない考えでは、嘲笑というのは笑ってごまかす方法でもないのですが、おそらく、これも間違っているのでしょう。あげ足を取って、議論をうやむやにするのによく使われていますから。それが正しい使用法なのではないか、と最近は疑っています。しかし、やはりカッコよくはないように感じます。個人の感覚ほど信用ならないものは無いので、多分私の感覚がおかしいのでしょう。
どうせなので、最後くらいは笑って終わりにします。みんなも笑えばいいんじゃないでしょうか? 哀しくてバカバカしくて笑うしかありません。
二度とこんなバカなことを言わせないでください。嫌な気持ちにさせた人はごめんなさい。しばらく引きこもります。
スポンサーサイト
2011/04/27 19:09|日常TB:0CM:0
 

電車と女子高生 

 午前7時過ぎ。
 瀬戸内海の沿岸を走る電車に乗り込むと、通勤通学の人間で車内はそれなりに混み合っていた。ざっと見渡すが、あいにくと席は空いていない。僕はドアのすぐそばで座席と天井を繋ぐポールに捕まる。都会の人に言うと驚かれるかもしれないが、朝のこの時間でも、電車は一時間に一本しか走っていない。そのため、一本乗り過ごすと、それはもう色々と大変なことになる。勤勉、勤労な人間には思いもよらない世界が待ち受けているのであるが、それは今回の話とは直接関係が無いので、省略することにする。しかし、もしかすると、そんなことよりも、豚舎のような小部屋にぎゅうぎゅうに押し込められて息をするのにも苦労する、あの通勤ラッシュという日常が存在しないことのほうが、よほど驚きに満ちた光景なのかもしれない。
 車窓から穏やかな海を眺めていると、乗換駅に着いた。ここからはさらにマイナー路線に乗り換えて目的地を目指すことになる。スーツに身を固めたサラリーマンの姿が少なくなり、学生の比率が増える。制服のデザインから類推すると、沿線には三つほど高校がありそうだ。それはそうと、制服のデザインは素人目にも可愛くないように感じる。この数年間目にし続けてきた制服のせいで、制服というものにもっと華やかな印象を持っていたが、恐ろしい刷り込みをされていたようだ。赤と白のストライプではないし、ひらひらとしたリボンなどはついておらず、いたって地味。だが、現実はこんなもんだ。甘い幻想は捨てよう。あまりじろじろ見ていると不審者と思われるかもしれない。気をつけないと。
 電車が止まる。学生がぞろぞろと降りて席が空いた。僕は一番端の席に座り、鞄から文庫本を取り出し読み始めた。隣に女子高生が座る。誰が隣に座ろうと問題なく、深い意味は全く無いが、あえて言うと女子高生が隣に座った。事実、僕の興味は隣で友達とのおしゃべりに夢中になっている女子高生よりも、正面に座った男子高校生のほうに向いていた。隣に座った女の子よりも色白で、小作りな整った顔立ちをしている。優等生らしく切りそろえた前髪と知的に見える眼鏡。ありていに言うとちょっとカッコ良かった。本のページをめくるのも忘れて一瞬見つめてしまったが、彼は黙々と文庫本を読み続けていたので気づかれることは無かったと思う。
 ここまでなら、なんということは無い朝のひとコマですんだのだが、そのあとに起きた出来事のせいで、僕は少しだけ微笑ましく思い、それでいて女の子の怖さというものを思い知ることになった。あとから乗り込んできた女子高生の二人組みがいったん席についたにも関わらず、立ち上がり、タタタっとその少年のもとに駆け寄ると、はにかみながら可愛く「おはよう」とあいさつをしたからだ。少年は文庫本から顔を上げて、不思議そうな顔で「おはよう」と言うと、すぐにまた本を読み始めた。ああ、彼はやはり人気ものなのだな、と僕は本を読むふりをしながらにやけてしまった。制服のデザインから三人が同じ学校の生徒であることは容易に推し量れた。
 目的地が近いことを車内アナウンスが告げていた。僕は文庫本を鞄にしまい、顔を上げた。その時になって初めて気がついた。彼のすぐそばには、何人も同じ学校の男子学生が立っていた。彼らはお世辞にもかっこいいとは言いがたかった。しかし、それでも、そんなあからさまな態度の違いを見せつけられては、朝からどんよりとした気分に陥ってしまうのではないだろうか。と、同情してしまった。全くもって余計なお世話である。
 無邪気というのはときに残酷。ああ、女子高生よ。僕の幻想を砕かないでおくれ。
2011/04/21 21:11|日常TB:0CM:0
 

小説の話 

 驚くほど、というほどでもないけど、全く反響が無く、ほとんど誰も読んでいないだろうから、そんな話をしても仕方がないのかもしれないが、まぁ付き合ってくれると嬉しい。
 小説を書いている時というのは、大体がろくでもない精神状態であることが多い。今回は特にそうで、書きながら何度も破り捨てたくなったし、書くのを止めたくもなった。それでも書き続けることで何かが変わるんじゃないのか、と思って書き続けてしまう。何かというのは、主に自分の中で何かが変わることを期待しているのであって、身も蓋もない言い方をしてしまうと、自分のために書いている。だから、到底人さまに見せられるような代物ではないような気もするが、同時に傑作のように感じている自分もいる。
 いまの創作態度は自己満足なんだろうな、と薄々感づいてはいるんだけど、じゃあ自己満足じゃないものにするにはどうすれば良いのか、というのがわからないから、次善の策というにはお粗末だと思いながらも、とにかく書き上げて「誰か読んで、感想くれ」となるわけ。面白いものが書けない自分とつまらないものを読まされる他人。誰も幸せになれないよ、これは。
 あーうー。困った。
2011/04/20 21:47|日常TB:0CM:0
 

またブログ書こうと思います 

 TwitterはTwitterで続けていこうと思いますが、Twitterは文字数の制限やら、その他もろもろの事情が複雑に絡み合い……というほどのことでもないですけど、要はいつものごとく面倒臭くなってきただけです。チラシの裏を用意していただいたりもしましたが、そんなところで管を巻いているくらいなら、自分の専用スペース(つまりココ)で好きなだけ鼻息を荒くしていたら良いですよね。
 Twitterは独裁者システムという話を(Twitter上で)少し前にしたのですが、そう考えた途端、Twitterも色褪せて見えてしまったというのがあります。他人のリストを見たり、リプライ先をたどったりしていると、驚くほど価値観の似通った人々が集まっていて、気持ちが悪くなりました。他人が気持ち悪いという以上に自分が。思考の硬直化を恐れるくせに、いつの間にかTwitterは居心地の良い空間になってしまっていて、それが駄目とは言わないですけど、なんとなく気持ちが悪かったんです。
 Twitterのおかげで仲良くなれた人たちもいるし、良かったことのほうが多いんですけどね。
 Twitterだと短文しか書かないからか、長文を書いて、言いたいことをまとめようと思ったら、意外と上手くいきません。酷い文章になってしまいました。
 エロゲの話はまた機会があれば。大帝国は購入します。
2011/04/20 21:15|日常TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。