気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

12≪│2010/01│≫02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

物語を読むということ 

 物語を読むということには、二つの段階がある。
 一段階目。ストーリーを理解する。
 二段階目。内容を理解する。
 この二つは、似ているようで全然違う。感想はストーリーを理解するだけで書けるが、批評は内容を理解しなければ書けない。そう私は考えている。
 ストーリーを理解することは容易だ。最初の一ページから最後の一ページまで読めば良い。だが、内容を理解することは違う。それは、最後の一ページを閉じた後、全体を俯瞰しなければ見えてこない。
 その物語を通して、作者が言いたかったことは何なのか?すなわち、テーマである。国語の授業のようで申し訳ない。だが、この当たり前のことをおろそかにしてしまいがちだ。作品世界に思いを馳せる。結構だ。けれど、それでは感想にしかならない。
 私の中で、良い物語とは、それとなく作者の主義主張が入っているものである。ストーリーの進行を邪魔しないよう、読んでいる間には気づかないよう、心遣いがされてあるものは素晴らしい。うるさく主張され過ぎると、物語に集中できなくなってしまうからだ。だからこそ、内容を理解するということは難しい。
 俗に、物語に深みが無いという批判は、この二段階目を行うことができない物語にされてしかるべきだろう。それで、結局何が言いたかったの?となってしまう。二段階目で、作者と読者の間で会話が発生し、それこそが読書の楽しみと言ってしまっても、問題無いからだ。
 当サイトで作品について意見を述べる場合、批評という言葉を使わず、感想という言葉を使うのには自戒の意味が強い。批評を書くにはエネルギーがいる。そのため、感想で終わってしまうことが多々あるからだ。読解力不足のために批評できない作品というものもある。話がずれてしまった。
 要するに、批評を書く場合には一歩引いて”読んで”みることをお薦めする。きっと、その方がより良い批評文が書けるはずだ。その時、あなたは、その作品がずっと好きになっているに違いないだろうから。
スポンサーサイト
2010/01/23 22:16|コラムTB:0CM:0
 

シュガーダーク(感想&考察) 

 スニーカー大賞受賞作『シュガーダーク』の感想です。
 物語には静的な物語と、動的な物語があります。シュガーダークは静的な物語です。一般的に人気があるのは動的な物語です。しかし、動的な物語で溢れかえっている今だからこそ、カウンターパンチとして斬新に感じるのではないでしょうか。
 文章の表現力、構成力、キャラクターの配置、どれも見事です。上手い文章というのは、読者にそれと気づかせることの無い文章です。私も危うく見落としそうになりました。かなり、構成が面白いです。
 続きは、重大なネタバレを含みますので、未読者は避けた方が賢明です。

2010/01/23 17:15|小説TB:0CM:0
 

Lump of Sugar人気投票は残念 

 Lump of Sugarは、私が唯一ファンクラブに入会しているエロゲブランドです。そのLump of Sugarが年末に行っていた全キャラクター人気投票の結果が出ました。愛しのましろは…うぅ、前が見えません。毎日お参りしていたのに。こんな結果に終わってしまうなんて。
 まあ、結果が気になる人はオフィシャル見てきてください。1位のキャラも好きですよ。ましろの次くらいには。なんか、1位のキャラクターの特製グッズが届くみたいです。ファンクラブ会員なので。ファンクラブ入ったんですけど、タユタマファンディスクの特典以外、全く会員のうまみが無かったので、更新しないつもりでした。何が届くか、それを見てファンクラブを続けるかどうか、決めようと思います。
 ところで、此芽が好きでも、ファンクラブまで入っている人は少ないんじゃ?と思ったりします。『いつか、届く、あの空に』をやってる人は多いんですが、別にLump of Sugar(萌木原ふみたけ)のファンじゃないと思うんですよね。いや、負け惜しみとかじゃなくて。悔しいですけど(笑)。
2010/01/15 21:38|雑記TB:0CM:0
 

そんなのありましたね 

 エロ漫画大賞2009の話です。
1位 22票 248.「メイド嫁」鬼月あるちゅ(コアマガジン)
2位 19票 80.「恋するぱんつ」岡田コウ(ヒット出版社)
3位 18票 160.「舞FAVORITE」如月群真(コアマガジン)
4位 14票 111.「痴情の女」月野定規(コアマガジン)
5位 11票 448.「JCエッチ」師走の翁(ヒット出版社)
6位 10票 93.「むちプリ」有馬侭(茜新社)
7位 10票 132.「たゆたゆ」大和川(茜新社)
8位 9票 512.「ナマナカ。」乃良紳二(富士美出版)
8位 9票 553.「はじめての」ZUKI樹(ティーアイネット)
10位 8票 159.「ハニーブロンド」フクダーダ(コアマガジン)
10位 8票 316.「初めて恋をした。」あさぎ龍(富士美出版)
10位 8票 349.「さよなら、おっぱい」青木幹治(コアマガジン)
10位 8票 391.「あいらぶ!」槍衣七五三太(コアマガジン)

 1位、2位くらいは読んでました。
 ところで茜新社は幼女雑誌LOとRiNを出版しているロリコンの味方のはずなんですが、ランクインしているのは、ロリ漫画じゃない。まあ、有馬侭は雑誌に載ってたら読みますけど。RiNっぽくない漫画なんですが、RiNの数少ない読むところだったりします。というか、あの雑誌が……。
 あとは、大和川好きです。単行本出てるのに気づいてませんでした(笑)。年末の新刊は買ったんですが。
 全体的にエロいエロ漫画が普通に人気みたいですね。メイド嫁は安心のエロさ。うっかり同人の総集編買ってしまうくらいには好き。モンハン知りませんが、関係ない。
 そんなエロ漫画話でした。話はしませんが、相変わらず読んでます。しかし、あんまり新鮮味の無いランキングだなぁ。
2010/01/14 21:28|成年コミックTB:0CM:0
 

第二稿完成 

 ちまちま直していたんですが、第二稿書き終えたのでファイルバンクにアップしておきました。よろしくお願いします。
2010/01/11 19:01|小説TB:0CM:0
 

さよならピアノソナタ二巻が凄くギャルゲで(笑) 

 『さよならピアノソナタ』(杉井光)の一巻が面白かったので、続きを読んでみたんですよ。そうしたら、あまりにギャルゲチックで大笑いさせてもらいました。主人公とヒロイン達の行動が、それなんてエロゲ?と突っ込み待ちのように見えて仕方が無い。他には、ヒロインを探す時の超理論にも笑わせられました。良い場面なのに、噴くから。大真面目に主人公が解説すればするほど、滑稽なんですよね。良いぞ、もっとやれ。
 ところで、バンド名のところとかは、どうなんでしょうね。あの展開は容易に予想がつくような気がするんですが、そうでもないんですかね。綺麗な筋道なので良いですけど、新鮮な驚きがあるほうが嬉しいから、こんなこと言ってしまいます。
 一巻の方が面白かったので、少し残念でした。
2010/01/09 19:38|小説TB:0CM:0
 

年が明けまして 

 新年明けましておめでとうございます。言葉様はお誕生日おめでとうございます。言葉様を知らない無知蒙昧な輩は、まさかいませんよね。『School Days』の正ヒロインの言葉様を知らないなんて……。
 さて、新年早々エロゲネタでよろしくしたわけですが、今年も二次元にどっぷりなブログだと思いますよ。心機一転して、三次元に戻ってきましたとかは、多分無いです。その時はブログを引っ越すと思います。
 何しろ、新年最初の更新で取り上げようと思ったのが、久川ちん先生の初単行本発売決定で嬉しいとか、五日ぶりに実家から下宿に戻ると肌色成分多くてアレな気分になったとかだったりしたから、もうどうしようもない。酷い部屋だなぁと思いましたが、数時間すれば慣れました。感覚が麻痺して楽しくなってくるんですよね。あはは。
 それで、今何をやっているかと言うと、自作小説の読み直しです。ロータスを睡蓮と書いたつもりが、水仙となっているのを笑ったりしながら、修正中。シーンを追加しようと思ってネタも考えたのに、中々そこまでいかない。まあ、そのうち到達するでしょう。
2010/01/04 23:43|日常TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。