気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

05≪│2009/06│≫07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ドリームパーティー(大阪)に行ってまいりました 

 会場到着が八時前だったんですが、人の多さにげんなり。照りつける太陽にぐったりしてました。しばらく待つと、一般待機列と18禁待機列とに別れて列整理が始まりました。いつもは18禁の方が人が多いのに、今回は一般の方が多いというのを見て、私は18禁の方へ並びました。榊原ゆいサイン会(先着100名)は早々に諦めたというわけです。
 まずはLump of Sugarへ。商品はグッズセットしかなかったので、非常に滑らかに列が進む、進む。さくっと購入して、一般企業へ。ここで、事務局とLOVE×TRAXのどちらに並ぶべきか。悩みましたが、事務局へ。
 LOVE×TRAXは人多すぎな上に列が進んで無かったからです。事務局でメモリアルアルバム(チケット)を購入してから並んでも、数人しか順番変わりませんでしたしね。ちなみにLOVE×TRAXに並び始めたのと、ほぼ時を同じくして、サイン会整理券配布終了のお知らせ。数分後にはサイン入りポスターまで売り切れで、こちらは予想外でした。まあ、ミニアルバムは買えたので良いです。
 その後は、Leafのライブを見たり、会場をうろついたりして時間を潰しました。ゆずソフトの前を通った時、スタッフの方(煎路さん、ろどさん)に声をかけられてしまいました(笑)。そなえもんTシャツを着ていった甲斐がありました。
 最後は本日のメインイベント。榊原ゆいメモリアルライブです。以下、長いので追記。
スポンサーサイト


2009/06/30 04:22|雑記TB:0CM:0
 

疲れた、寝る 

 午前五時起床→ドリパ→ゆいにゃんライブ→エヴァ→帰宅23時45分。
 た、体力の限界だ。詳しいレポは後日。おやすみなさい。
2009/06/28 23:52|雑記TB:0CM:0
 

ドリパの計画 

 今週末の日曜日はドリームパーティーです。前回は榊原ゆいメモリアルライブのためだけに行きましたが、今回もやっぱりメモリアルライブのために行きます。いや、一応、他の目的もありますよ。並ぶ予定のところを紹介します。ある程度予想はつくかもしれませんが。

Lump of Sugar
ファンクラブ会員なので、はずせません。タユタマグッズセット(4000円)を買うつもりです。ただ、午後からのイベントには参加できなさそうです。詳しくは後述します。

LOVE×TRAX
信者乙なので、お参りしなければなりません。要するに榊原ゆいofficialです。ミニアルバムを買うんじゃないですかね。

ドリームパーティー事務局
信者乙なので、ライブチケットを買います。メモリアルライブとLump of Sugarのイベントが重なっているので、ライブを優先します。

 うわぁ。三つも行くところがあって大変ですね。しかし、ここまで書く意味が感じられないというのも……。懸念しているのは、アーリーチケット(優先入場券)を持っていないことですが。果たして、全ての目的を達成できるのでしょうか。入場するためだけに4000円は、ちと厳しいので見送りました。おそらく並ぶ順番は書いた順だと思いますが、会場で変更するかもしれません。イベントで貰ったそなえもんTシャツを着ていくと思います。何にせよ、楽しんだモン勝ちなので、全力で遊んできます。
2009/06/26 22:13|雑記TB:0CM:0
 

禁欲しましょう 

 体力と集中力が手っ取り早く上がり、健康にも良いと噂のあることをやってみようと思います。思い立ったが吉日ということで、今日から始めます。しかし、生活態度を一変させないと難しいような。危険地帯がお布団というのも珍しいです。
 要するに、賢者タイムに突入しないようにしようということです。賢者タイムがわからない人はググるよろし。ところで、美少女大好き、エロゲやらないと死んじゃう人なんですが、何日くらい耐えられるものか。自分の精神力を試します。お布団が危険なのは、抱き枕と等身大シーツ(布団、壁、天井)によって全方位半裸の美少女に囲まれているからです。私は斑目よろしく、エロいものは二次元のものしか持っておりません。都市伝説ではなく、そういう人間もいるということを理解していただきたい。オナ禁しようと決意した理由は、一身上の都合により、時間と体力を他に回さなければならなくなったからですけどね。
2009/06/25 19:11|日常TB:0CM:0
 

就職活動はやめました 

 今日の朝、最後の不採用通知が届きました。もう、受けているところはありません。仕方ない。就職できませんでしたとさ。
 不況だけでなく、留年していることが大きく響いているのだと思います。私の場合、留年したタイミングが大学院に入学してからということで、説明のしようが無いというのが厳しい。正直に理由を説明しても、誤魔化しても、結果は駄目でした。就職相談課の相談員他、年長者の意見は正直に話すべきということだったんですがね。何が正解だったのでしょう。わかりません。
 これからの身の振り方ですが、研究しながら公務員試験の勉強をすることにします。どうせやるなら、徹底的にやろうと決めました。何を目指すかはご想像にお任せしますよ。
2009/06/24 17:58|日常TB:0CM:0
 

情熱停滞ぎみ 

 エロゲの波が引いてきました。これは、プレイスタイルに問題があるのでは無いか、と思います。基本的に第一印象で攻略順を決めるのですが、そうすると、後半になるにつれて、やる気が起きなくなってしまいます。当然と言えば当然ですが。長年の経験と勘が告げるわけですよ。これ以上やっても、あまり良いことは無い、と。たまに、本当に極まれに、予想を裏切るキャラクターもいるので、コンプリートするべきですなんですけどね。
 で、まあ、タユタマFDと天神乱漫をやってるんですが、そういう状況になってきました。タユタマに関しては、ましろが好き過ぎて、俺はもう駄目だ、というのが大きいような気がせんでも無いです(笑)。
 そう言えば、最近やってるエロゲはロリっ娘で当たらないですわ。『祝福のカンパネラ』しかり、『天神乱漫』しかり、『タユタマ』しかりです。もしかすると、一過性のものだったのかもしれません。……美少女とか、全部ロリなんじゃねーの(笑)。自分が高校生だったのは何年前のことでしょう。あ、登場人物は設定上18歳以上でしたっけ?失礼しました。しかし、佐奈(天神乱漫)のバースデーケーキの蝋燭の本数は16本だったような……深く考えないようにしましょう。ドツボにはまります。
2009/06/20 23:54|雑記TB:0CM:0
 

麻雀やれよ(笑) 

 昨日に引き続き、天鳳麻雀話です。月に三十回以上打って成績がそれなりに良いと、月間ランキングに名前が載ります。項目はいくつかあるのですが、今現在数項目載ってます。何だと思いますか?

ドラ率   2位
満貫率  1位

これはひどい(笑)。
いやー、目の前が赤くないとやる気が起きないんですわ。赤い時が攻める時ですよね。平和率とかいう真っ当な項目は200位くらいですけど、気にしたら負けです。リーチ、ドラ、赤、裏、満貫です。最強!

まあ、和了率が約二割と低いのも関係しているとは思いますが。アリアリ麻雀は手作りしなくなるので、麻雀は下手になるんじゃないですかね。絵合わせは上手くなりますけど。
2009/06/19 01:41|日常TB:0CM:0
 

『タユタマ –It’s happy days-』感想(ましろ) 

 ファンディスクとは、どうあるべきか。大多数のプレイヤーは、本編が気に入ったから、もっと言えば、お気に入りのヒロインの話をもっと読みたいから、購入を決意するはずだ。キャラクター毎の後日談とエロの増強というパターンがファンディスクには多い。
 本作も典型的なファンディスクと考えて間違いは無い。しかし、本編で成し遂げられなかったことを、ファンディスクで補完しているのが良い。本編とファンディスクを通して、テーマが一貫していること。ヒロインとの関係がより深く掘り下げられていること。これらがきちんと行われているので、プレイヤーは大きな満足感を得ることができるだろう。
 以下は完全にネタバレですので、自己責任で。


2009/06/18 12:17|感想TB:0CM:0
 

タユタマアニメに物申す 

 まさに誰得な展開に。開いた口が塞がらないとは、このことです。アメリの性格をまろやかにして、応龍を悪役にしてしまったら、タユタマの魅力は半減します。精神世界でましろがアメリを諭す展開なんて、誰も見たくないのです。わがまま暴走超特急のアメリさんが、周りの迷惑返り見ないで話を引っ掻き回すから面白いというのに。これでは幼女好きが鵺に萌え萌えするだけですよ。やれやれ、残念です。
 何故、こうなってしまったのでしょうか。原作でのアメリの不人気が良くなかったのでしょう。アメリは発売前人気投票では一位でした。それが、発売後は……。誰が呼び始めたのかはわかりませんが、ダメリという不名誉なあだ名までつけられてしまいました。個人的にはアメリ大好きなのですけど。感想も書きましたし。あ、嫁はましろです。そこは譲れない。重ね重ね残念です。
 ゲームは『タユタマ -It's happy days-』のましろ部分が終わったので感想書きましょうかね。しかし、キャラ毎に感想を書くと、膨大な量になるのが問題です。これこそ誰得な感じがします(笑)。
2009/06/17 23:37|その他TB:0CM:0
 

反省しました 

 ずっとエロゲのことしか、書いてませんでした。エロゲの感想をもっと書こう!ここまでは良かったと思うのですが、エロゲ以外のことも書かないと、やってない人は読むとこありませんね。『天神乱漫』の感想はほとんどネタバレ無しで書いてますけど、そういう問題では無いですよね。
 じゃあ、今日は何の話をするかというと、麻雀です。リーチかける時はカン出来るような待ちにした方が良いらしいですよ。とか、そういう話では無くて、差し込みをするかどうか。これです。
 天鳳というネット麻雀をしているのですが、かなり差し込みます。なんか、鳴いた安い手でリーチに突っ込む人がいるんですよね。そういう時は、鳴いてる方へ差し込みます。理由は、安い手で突っ込む人に多少の点数を渡した方が、振り込まれる、または積もられるよりはマシだと考えるからです。後は、振りトップがほぼ確定だと思われる場合も積極的に差し込みます。差し込みってしないものなんですかね?気になります。他のシチュエーションでも差し込むべき時があるかもしれません。
 今月は特上アリアリの成績が21半チャン中10回トップで気分が良いので、麻雀の話をしました。
2009/06/17 22:26|日常TB:0CM:1
 

『天神乱漫』発売記念イベント(大阪) 

 『天神乱漫』発売記念イベントに参加してきました。少し遅刻したので、後ろに回されるかも?と心配しましたが、会場入場前だったので大丈夫でした。危ない、危ない。
 参加者全員に配布された団扇です。イベント限定品だそうです。
団扇
 
 会場のどこにいたかというと、最前列左から4番目、ステージ前という絶好のポジションでした。左隣の人を見ると、榊原ゆいライブTシャツを着てて、ニッコリしました。声をかけようか悩みましたが、結局かけませんでした。私は普通の格好だったので、罵られる可能性を考慮した結果です。夢中で携帯をいじっていたので邪魔をするのは悪いかと思ったのですよ。
 さて、イベント開始です。榊原ゆいさん、煎路さん(天神乱漫ディレクター/ゆずソフト)、ろどさん(ムービー・その他雑用/ゆずソフト)の挨拶の後は、参加者からの質問に答えるトークショーでした。ここで、まさかの出来事が。抽選応募の際に送っていた私の質問が読まれました。実名で(笑)。変な乱漫ポーズの誕生秘話について、ゆいにゃんへ直接聞きたかったので、嬉しかったです。簡単に言うと、二次元映えするように、変なポーズをたくさん入れたそうです。
 トークショーの後は、ゆいにゃん先生から直々に、乱漫ポーズのご指導をしていただきました。イベント参加者だけの特権。エリートとして歩み始めた瞬間でした。ここで、予想外の出来事が。前述したように、私の位置はステージ前。

ゆいにゃん、近い!というか、超近い!!

主題歌『メチャ恋らんまん』ShortVer.で振り付けを披露したあと、乱漫ポーズ指導、FullVer.の生歌披露だったのです。まさに、至福の時間でした。
 最後はじゃんけん大会。原画家とゆいにゃんのサイン入りグッズ等が当たるという、ファンには嬉しいイベントです。ここで、謎の勝負強さを見せて、景品を勝ち取ってしまいました。
スタッフシャツ

スタッフTシャツです。非売品で貴重品らしいですが、どうしましょうかね。月末のドリパに着て行きましょうか。
 謎の豪運のおかげもあって、最高に楽しいイベントでした。
2009/06/14 18:06|榊原ゆいTB:0CM:3
 

『天神乱漫』感想(山吹葵) 

 『天神乱漫』(山吹葵)の感想です。物語の核心部分に触れる記述があるので、自己責任でお願いします。

 幼馴染というのは、人気属性で、ほとんど全てのエロゲに登場する。しかも、メインシナリオを任されることも多い。だが、それ故に、没個性となりやすく、終わってみれば印象が薄いということも、ざらにあるはずだ。本作の幼馴染、山吹葵に対する第一印象は-全く期待できない-という酷いものであった。姫がメインヒロインであることは、タイトルからも明白であるし、強烈な個性を持つ彼女の前では、他の全てのヒロインは引き立て役となってしまうからだ。
 しかし、山吹葵は、私の期待を遙かに凌ぐ活躍を見せてくれた。これは、もう、シナリオ構成の素晴らしさを褒めるしかない。葵は主人公を異性として認識していない幼馴染だ。王道過ぎて、最近は逆に珍しいことも、良い方に作用した。ちなみに現在の流行は、主人公への好意を隠す気のない幼馴染である。
 至るところで用いられている対比構造が、シナリオ全体にメリハリを与え、楽しく読み進めていくことができる。例を挙げると、主人公がラブレターを受け取るエピソードがあるが、これは葵シナリオのためのものだ。詳しくは書かないが、個別ルートに入ってからは、"二人"の対比を見るのが面白い。
 シナリオに天罰を上手く絡めていたのも好評価。素直な葵は反則的に可愛いのだが、騙されてしまった。恥ずかしいことだ。予想を裏切る展開は良いものである。
 主人公への想いを徐々に募らせていく、純粋な幼馴染。その良さを再確認するなら、山吹葵は最適だと言えるだろう。
2009/06/14 10:03|感想TB:0CM:0
 

君に決めた! 

 『天神乱漫』の葵ルートをプレイ中です。あー、これは久々にきたかもしれませんね。葵株が急上昇中、ストップ高ですわ。顔の筋肉が緩みっぱなしで、身悶えしてます。良いよ、凄く良い。私はこんな幼馴染を待っていたんです。感想書く時、シナリオ考察に手こずりそうです。今、脳の容量が葵ちゃん可愛いで消費尽くされて、リソース不足、動作不良寸前に追い込まれてますから。
2009/06/13 23:45|プレイ日記TB:0CM:0
 

一週間経ってしまうなんて 

 今週は忙しくて、更新する暇もネタもありませんでした。ゆいにゃんのラジオ聞いたくらいしかやってません。アニメは週三本見てますが、書きたいことでもなし。
 これから『天神乱漫』をガッツリやろうかと思っています。明日のイベントに向けて、三人目くらいは攻略完了しておきたいです。平日はエロゲやってる場合じゃない出来事がたくさんありました。ストレス解消にはエロゲをやるのが効果的という話を小耳に挟んだことがあります。エロゲやってる人の話は嬉しそうなので、かなり信憑性の高い噂ではないでしょうか。しかし、面白くも楽しくも無く、ただ嬉しそうな話を聞かされる方は、たまったものではありませんよね。
 というわけで、夜中に感想を更新すると思います。
2009/06/13 17:22|雑記TB:0CM:0
 

感想を書くということ 

 エロゲの感想ですが、伝えたいことがあるから書くというスタイルを取っていると、攻略したとしても書かない場合もあるわけです。それだと、書かれていないヒロインについてはどうだったのか。気になる方もいるかもしれません。書くとどうなるか。その答えが、千歳佐奈編ということになります。
 あまりプレイする気を削ぐようなことを書くのもどうかと思うので、気に入らなかったシナリオについては触れないことにしていました。しかし、全ヒロイン書くならシナリオ毎の評価がわかりやすい。総評まで書くなら作品全体として薦めるのに問題は無い。このように考え、残念な意見も文にしていこうと思いました。週一くらいで。それ以上はしんどいのでご容赦を。
2009/06/07 23:40|雑記TB:0CM:0
 

『天神乱漫』感想(千歳佐奈) 

 『天神乱漫』(千歳佐奈)の感想です。物語の核心部分に触れる記述があるので、自己責任でお願いします。

 初めに断っておくことがある。佐奈ルートは最後の三十分は面白いが、そこに至る数時間が耐えられるかどうかが問題だ。妹+ロリ属性持ちで、エロゲ大好きの私ですら、クリック連打しそうになったり、Ctrlキーを押しそうになったりしたくらいだ。なかなかキツイ試練であると思われる。
 佐奈ルートの問題点は何なのか?それはヒロイン攻略が主目的でありながら、メインシナリオが存在するエロゲでありがちなことなのだが、わかるだろうか。つまり、共通ルートでの伏線等のほぼ全てが、メインシナリオのために用意されているので、それ以外のシナリオの深みが無くなってしまうという問題だ。それは、共通ルートでの佐奈のエピソードが、卯ノ花姫ルートで効果的に使われていたことを見ればわかりやすい。
 個別ルートに入ってからシナリオを構成すれば良いとは思うのだが、尺の問題があるのだろう。伏線→回収の流れが速いと、とってつけたような印象を与え、物語に深みは生まれない。だからと言って、テキストは増やせない。こういうジレンマに陥るのではないだろうか。
 しかし、折角の義妹ルートなのだから、妹を女として、兄を男として意識してしまう二人の葛藤くらいは丁寧に描いて欲しかった。恋人になる前、なった後で山場が二つあるが、もう少し捻りが無いと飽きてしまう。残念だと言うほか無い。
2009/06/07 20:56|感想TB:0CM:0
 

『天神乱漫』イベント当選 

 『天神乱漫』の発売記念イベント(大阪)に当選したみたいです。メールが届き、当選番号は一桁でした。来週の日曜はなんばへお出かけということに。さっぱりゲームやってませんが。頑張ってコンプリートしましょうかね。
 このイベント、申し込んだ理由がゆいにゃんだったりします。ゆずソフトのゲームは初めてだから、予測不能もいいところで、それ以外のことはありません。ゆずソフトファンの皆様には少し申し訳ない気もします。

【出演者】
榊原ゆい
煎路(天神乱漫ディレクター/ゆずソフト)
ろど(ムービー・その他雑用/ゆずソフト)

応募の際、出演者の方へ質問を送ることが出来たので、せっかくだから、俺はゆいにゃんを選ぶぜ!ということで、ゆいにゃんへの質問を書いたのが良かったのでしょうか?もしかして質問欄に記入しない人の方が多い?欄があったら埋めろという強迫観念に囚われていました。ゲームは楽しいので、応募はしておいて正解でしたけど。イベント好きですしね。
2009/06/04 21:58|雑記TB:0CM:0
 

タユタマFDが神 

 『タユタマ -It's happy days-』(FD)を一ルートだけプレイしたのですが、ヤバイです。『天神乱漫』の姫のことが忘却の彼方へ消え去りました。流石ましろ先生です。まだ、ましろのCGは半分くらい埋まってないので、感想はそれが埋まってから書きます。
 相変わらず、エロシーンがエロいんですよ!もうね、何ていうの。心に響くというか、俺きめぇというか、俺キモイですよ?あれ、おかしいぞっと。日本語が危うい。脳が犯されて言語を上手く操れません。このままだと、あの言葉を叫んでしまいそうです。まし○ー!□だー!××してくれー!!あ、危ない。口走りそうになりました。これ以上書いていると情動が暴走してしまうので、これにて。
2009/06/02 22:28|プレイ日記TB:0CM:0
 

ビジュアルファンブック 

 日曜日はエロゲの気分じゃなかったので、まったり過ごしてました。怒涛のプレイ+ブログ数回更新とかしてると疲れます。そんなこと言いながら、『タユタマ -It's happy days-』限定版に入っているビジュアルファンブックを読んでいると、エロゲやりたくなってくるから不思議です。ひとまず『天神乱漫』は置いておいて、ましろルートをやろうとタユタマをインストール中。交互に一人ずつ攻略して感想も書いていく計画です。
 udk君から総評をもっと読みたいというリクエストがあったので、期待に応えましょうとは思うのだけれど、そこにはコンプリートするという高い壁が立ち塞がります。全ヒロイン感想書いて、総評も書くと、かなりの分量になると思われるのですが、需要があるのかという疑問があるんですよね。私自身は人の感想を1000文字以上読むのは疲れます。画面をスクロールさせずに済ませたいととか、書くのは読むの以上に疲れるとか、要するに面倒臭がりなんですね。他人の感想もあんまり探しません(笑)。
 まあ、エロゲ感想に特化する道を選ぶという方法もありますが、だらだらしょうもないこと書くのが好きなので、気長に待ってくださいよ。
2009/06/01 21:42|雑記TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。