気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

02≪│2008/03│≫04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール 

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

マリみて読書会 

 旅行から帰ってきたので通常更新です。
 マリみての読書会に参加してきました。といっても専ら聞いていただけですが。何の話をするのかと思ったら、マリみては百合小説か学園コメディかという話でした。性的なニュアンスを感じるかというと、白薔薇絡み以外は感じないという何とも面白みの無い結論でした。友情がメインだと。
 私は妹がいる関係上、子供の頃少女漫画を読んでいたんですが、女同士の友情をメインに据えた話というのは珍しい気がします。少年向け少女向けを問わず、男同士の友情が描かれることは多いですが。マリみてが男性読者を獲得した理由というのはそのあたりにあるのではないかと。恋愛の話は男女で思考回路が違うので理解しにくいが、友情ならわかりやすい。実際の女同士の友情は知りませんが、理想化された姉妹(スール)という友情の形は男女問わず憧れを感じるのではないでしょうか。これが物珍しさとあいまってヒットへ繋がったという考えです。
 読書会で言えよと思われるかもしれませんが、読書会中は睡魔に襲われていて頭が回転してませんでした。寝台フェリーで隣で寝ていた方のいびきが五月蝿過ぎてろくに寝てませんでしたから。

今日の一言 アニメから入った人も多いんですね
スポンサーサイト
2008/03/15 23:32|小説TB:0CM:0
 

テッペリン攻略戦までは最高です 

『天元突破グレンラガン』12~15話までの感想です。
個人的には15話までのグレンラガンは本当に面白かった。
疾走感が半端ないです。息切れせずによくまとめあげたと思います。
シモンの成長というテーマが一貫して描かれていて非常にわかりやすい。これは重要なことです。シンプルなものには普遍性がありますから。
このテーマを扱った作品が好きということもあってのめりこみました。

続きはネタバレありです。


2008/03/15 21:00|天元突破グレンラガンTB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。