気ままにゆるりと

小説書きます http://ncode.syosetu.com/n2805w/

カレンダー 

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール 

No Name

Author:No Name
小説書きながら思ったことなどを中心に。
読んだ本の話とかもします。

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

FC2カウンター 

閲覧者数の統計:
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

「君の名は」セカイ系の重力圏から逃れられない。 

「26日に公開され3日間の動員数は約95万9800人、興収は約12億7800万円とロケットスタートを切った。」ということで、巷で話題の「君の名は」を鑑賞してきました。
 
 -以下あらすじを公式サイトより抜粋-

 千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
 町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
 小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会へのあこがれを強くするばかり。
 「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」
 そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
 見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
 念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

 一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
 行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

 繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
 二人は気付く。
「私/俺たち、入れ替わってる!?」 

-あらすじここまで-

(以下ネタバレを多分に含みます。あと「君の名は」が大好きな人は読まない方がいいです)

「君の名は」、見た直後は良かったとTwitterで呟いてしまったのですが、その後思い返せば思い返すほど、脚本の杜撰さが気になって仕方がありませんでした。
 
主役の二人、三葉と瀧が突然の不可思議減少に翻弄されながらも、お互いのことを意識していく。ありがちな展開ながら序盤は導入としての役割を十分に果たし、夜空を流れる彗星を始めとした各種映像の美しさも素晴らしかったと思います。公式サイトで言及されている『意外な真実』には確かに驚かされましたし、そのままの流れでエンディングまで楽しく見れました。だからこそ見た直後は良かったと呟きました。

しかし、ちょっと待ってください!

こいつら三年間も時間がずれているのに気づかないとかありえないでしょ!?
外界から完全に隔絶された絶海の孤島にでも転送されたのか、お前らは!!!

二人のメインウェポンはスマホです。
カフェでケーキをパシャパシャと嬉しそうに写真に収めていたり、日記をつけていたり、LINEも普通に使っていました。
スマホでニュース記事を読みませんか? 新作ゲームをダウンロードしませんか? 音楽は? 動画サイトは?
etc、etc……

ありえなーい!

物語にリアリティが無いです。
超常現象が起こるのは「そういう話」だと受け入れられますが、物語にリアリティが無いのはダメです。

三年前に電車で偶然会った、なにやら電波なことを呟く女の子のリボンをずっと身に着けている男がいるか!?
作中ではなんかいい話のようにまとめられていましたけど、意味がわかりません。

クライマックスの避難誘導にしても言いたいことはあるぞ。
三葉と父親の歪な親子関係が何の解決されないまま、何の言及もなく、いつの間にか住民避難は完了していました。

おかしいでしょコレ!?

子供たちは親の説得に失敗し、住民の避難誘導は完遂できず、隕石によって一夜にして村は滅んだように見えましたよ、私には。
私だけが何か重要な伏線を見逃していたのでしょうか?
三葉の父親の変心を促す何かが作中で描かれていましたか?
脳内補完しろということでしょうか? 想像力の欠如でしょうか?

作中で描かれないことには描かれない意味があるのです、などという言い訳は聞きたくありません。
作中で描かれるべきことがスッパリと抜け落ちているのです。
現実問題、私がどこかで記憶をうっかりと落としてきた可能性のほうが高そうです。

そんなこんなでモヤモヤとした消化不良感だけが残ったわけですが、タイトルにした「セカイ系の重力圏から逃れられない」という話をまだしていないので、もう少しだけ続きます。

そもそもセカイ系って何ですか?
という話なんですが、彼と彼女と彼らの世界だけで世界が完結している話です。

はい、わけがわからないですね。

もう少し詳しくかみ砕いて説明すると、彼と彼女の近傍の世界だけが語られ、それ以外の世界はなんだか曖昧模糊としていて掴みどころの無い世界観を持つ作品群のことです。
乱暴な言い方をすると、私たちの世界のことはわかるけど、外の世界のことはよくわからないねー、という世界観です。

人によっては全然違うという人もいるでしょうが、私の中のイメージはそんな感じです。
(「イリヤの空、UFOの夏」「最終兵器彼女」「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、あのあたりそんな感じでしょ?)

そういった構造を持つ作品として「君の名は」を見ると、非常にしっくりくるんですね。
彼と彼女の近傍の世界(=学園生活とバイト)だけが語られ、外界(=友人関係、バイトの先輩、時間のずれ、彗星、父親との軋轢)についてはほとんど語られません。
近傍世界のリアリティに比べ、外界のリアリティの希薄さが異常なんですよ。個人的にはハリボテで四方を囲まれているイメージを受けました。

周回遅れの話題(2000年前後くらいか?)なのでいまさらセカイ系かよ、という指摘はあろうかと思いますが、いまだに愚直にセカイ系をやっているのが「君の名は」という作品ですよ、ということを言いたかったので、その点については異論ありません。
ただ、それにしては、ずいぶん爽やかに表層を飾り立てることに成功しているなという印象を受けたので、爽やかセカイ系ストーリーと評しました。
一応、外界を描写しようとした形跡(ただし、成功しているとは言い難い)も見られましたし、それなりに良かったんじゃないですかね。

最後にまとめますと、あまりうだうだとつまらないことは考えず、映像と音楽の美しさを中心にその場のノリで楽しむのが吉ということになりそうです。

おしまい。
スポンサーサイト
2016/09/03 02:52|感想TB:0CM:0
 

星空のメモリア(雑感) 

星空のメモリアをコンプリートしたので雑感を。
一周目で二人が結ばれなかった理由が気になったので少しだけ考察しました。
メインルートであると思われる夢ルートを中心に話をするのでネタバレを回避したいかたはご一考を。

主人公の洋が抱えている問題というのは母子家庭ゆえに母親に甘えられずに育ったということ。
夢が抱えている問題というのは重病のせいで学校を離れなければならなかったということ。
この構造を軸に話が展開されます。
母子家庭=重病、母親=夢に置き換えればわかりやすいかと思います。
だから身もふたも無い言い方をするならば、洋が求めているのは母親の愛情です。
なぜ洋が二週目で夢と結ばれることができるのかというと、それは実の母の愛情を知るからです。
主人公の問題が解決したので、エンディングへ向かうことができるというわけ。
さて、それでは夢のほうへ視点を移しましょう。
夢は重病のせいで友達がいません。
だから洋が友人たちを病室に招いた時点で夢の問題は解決します。
病気かどうか、というのは実はそれほど重要な問題ではないんですね。
あくまで物語の構造上は、ですけど。
そう考えれば病気が治ったにも関わらず二周目をしなければならなかったのがしっくりきます。

……しっくりとはくるがっ!
納得がいくかどうかは別の話です。
洋と夢の問題をリンクさせて同時に解決しないと盛り上がらんでしょう。
そういうのが多すぎると思うんですよ。
両親が果たせなかった夢を子供たちが叶えるというテーマは素晴らしいです。
がっ!
それをやるなら十五年前の物語を伝聞ではなくてプレイヤー視点で描いて欲しいです。
悲劇に終わった親世代を教訓としてうんぬんみたいなのがもっとあってもいいじゃないですか。
いいと思うんですよ。
ねぇ、わかる? わかるかな? 言いたいことわかってくれるよね。

夢を忘れさせられた洋と、そんな彼に忘れられた明日歩という構図は良かったので彼女にはハナマル三つ上げようと思います。
明日歩ちゃん可愛いですよね。犬チックで。
茶太さんの歌うED「星空のメモリア」も好きです。

大体そんな感じです。
読んでくれた人はありがとうございました。

(もしかして読解間違ってるのかなぁ。何か気になることがあればご一報くだされ)
(恋心を若干無視しているような気がしないでもないですが、それなら一周目で終われるような気が……)
(成長してないね、と夢が言っているしなぁ)
2012/01/21 18:19|感想TB:0CM:0
 

「アンシーズ」(感想) 

「てめぇの男を抜きやがれぇぇぇっ!」
と言われて抜刀したら、美少女になってしまいました。自らの男を「カタナ」として戦う者「アンシー」たちの物語。
ああ、流行の男の娘ものか。しかし、設定にセンスは感じる。と、思い読んでみたら意外に良かった。
男子校で美少女任侠バトルをするという色物臭しかしない作品だが、主人公が仲間に助けられながら過去の自分を見つめ成長していくさまは読んでいて気持ちが良いし、登場人物のキャラクターにも惹かれるものがあった。
ただ、もう少しキャラクターの内面を掘り下げてくれたほうが嬉しかったかな。”男をかけて”戦うわりには動機が見えてきづらい。口頭で説明されるよりは、行動で示してくれたほうがわかりやすかった。譲ることができない戦う理由が各人にあれば、僕の股間も熱く煮え滾ったかもしれない。抜刀するくらいにね。
あとヒロインは一人に固定してくれ。目移りしてしまうじゃないか。
面白かったことには面白かったんだけど、書き出してみると文句ばかりになってしまった。二巻も読むんだけどね。まぁ二時間くらいかけて読んだ分は愚痴を聞いてもらってもいいじゃないか。
最後にこれだけは言っておきたいことがある。ヒカルさんが男前過ぎて惚れた。
2011/07/12 21:15|感想TB:0CM:0
 

「君が望む永遠 Dramatheater vol.1 」(ドラマCD、遙)感想 

変な女に引っかかった孝之君はご愁傷さまです、というのがドラマCD(遙編)を聴き直して最初に出てきた率直な感想というからには、凄く悲しいが、認めるしかないようだ。遙が真っ黒だということを。
なんかもっと可愛いらしいイメージあったんだけどね。記憶は美化されるし、当時(2002年頃)は若かったんだ。許してくれとは言わないが、感性は変わるものということで……ごめんなさい。
それで、やっぱり遙はそんなに孝之のこと好きじゃないと思うんだ。孝之は遙のこと大好きだろうけどさ。夢見がちっていうのは違っていて、夢見がちに見せかけている男ウケの良さそうな女だなぁ、と思った。クラス中の女子からハブられてそう。遙は絶対自分が可愛いこと知ってるでしょ。本人に聞いてみたら「えー、そんなことないよぉ」とか言いそうだけど。
「お話のような恋」がしたい娘がどういう娘かな、と考えると相当ナルシスティックなんじゃないだろうか、と行き着く。記憶復帰後、孝之が迷っているのを見抜いてガンガン行くしね。「お見舞いには二人で来て欲しい」なんて並の神経では言えないって。病室のベッドで健気に微笑む遙を見せられるのは、二人にとって責め苦以外の何者でもないだろうし、遙には選ばれる絶対の自信があるように感じる。
遙とプレイヤーにとって存在しない三年間が遙とプレイヤーの結びつきを強めているので空白の三年間は描かなくて良いと思う。遙は糾弾することもできただろうけど、それをしてしまうと空白の三年間を直視せざるを得なくなるし、孝之とプレイヤーの心象が悪くなるので、そういうことはしない。やんわりと弱い自分を見せるくらいに留めておく。賢いなって思う。
水月は遙の「イイ性格」を知っていて友達していたんだろうから(同性だしね)、水月も水月で負けず劣らず「イイ性格」してるんだろうけど、墓穴掘りまくるから、そこまで腹黒には感じない。
遙と水月はお互いのことが大事か? という疑問についてはなんか二人とも大事じゃないような気がしてきた。あの二人の間に友情あるのかな? ライバルではあるんだろうけど。
白々しいことばかり言う遙ちゃんの話を真面目に聞いている孝之君が途中からなんだか可哀想になってきた。騙されてるよ、アンタ。まぁ俺も騙された。思い出の綺麗な遙ちゃんはどこにいたんだろう? プレイし直してみようかな。ドラマCDは所詮ドラマCDだしなっ!
2011/07/11 21:16|感想TB:0CM:1
 

「素晴らしき日々」(ケロQ)感想 

 「素晴らしき日々」について語ろうとすると、どうしても「終ノ空」に思いを馳せてしまう。20世紀の終わり、ノストラダムスの予言に乗せて紡がれた一つの物語は、不条理な世界を不条理なまま、ありのままに描いていた。錯綜する狂気と終わる世界。僕らは確かに酔いに犯されていたんだ。あれから10年、僕らはやっと目覚めることができた。アイドルがヒーローに変身する。「素晴らしき日々」はそんな作品だった。
 狂気に犯され終わりゆく世界で、僕らは何を見るか。プレイヤーに問いを投げかけたまま、答えを述べることを半ば放棄した「終ノ空」だったが、「素晴らしき日々」では答えをしっかりと提示した。まず、そのことを評価したい。大風呂敷を広げるだけ広げて、途中で放り出されては迷子になってしまう。作品から情熱を感じれば感じるほど、気持ちのやり場に困ってしまうのだ。間宮卓司というキャラクターがどのように変化していったか。「素晴らしき日々」だけでも十分面白いが、「終ノ空」と比較することを強くお薦めしたい。
 10年前の作品のリメイクという点に目を向けてみるのも良いだろう。当時の流行の欠片に触れ、記憶を掘り起こしてみれば懐かしい気分に浸ることも……どうやら年を取り過ぎたようだ。君たちには君たちの楽しみ方がある。感じるままに楽しめば問題無い。
 やや残念だったのは、既存のADVの枠組みを超えることが出来なかった点だろうか。新奇な驚きが薬味に加えられていれば完璧だった。総じて高水準なだけに惜しいと言わざるをえない。
 美少女と狂気と男気を絶妙にブレンドした快作。勇気を持って屋上から半歩だけ足を踏み出してみよう。
2010/04/18 23:41|感想TB:0CM:0
 
ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 気ままにゆるりと All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。